2017年

3月

16日

たんぽぽ舎 特派員 辺野古 2017年 3月15日

長い間ありがとうございました😊。
今日で一旦本土に戻りました。今回、全体的に私たちを取り巻く環境はより厳しくなってきたと感じます。
例えば、工事ゲート前座り込みに対しての機動隊員の有無を言わせぬ行動、年配者に対して「自分で歩いて下さい」と言いながら両腕をひねり上げ
無理に引きずり回して舗装された歩道または車道に放り込む、海でも同じことで「言葉使いは丁寧になったが、やる事は乱暴になった」とは多くの人が認識しています(~_~;)。
    私たちは憲法で保障された範囲で「非暴力、不服従」の運動を展開しています。しかし、共謀罪の先取りと思うような山城さんの5ヶ月(3月15日現在)に及ぶ逮捕監禁などがあります。
   一方、機動隊員、海上保安官は公務員で「国民に奉仕しなければならない」彼らは決して親衛隊でも特別な人の私兵でもない。それがどうだろう?
   県民(国民)同士がののしり合い、時には怪我人を出し毎日、毎日ぶつかり合う。このような構図を作り影で甘い汁を吸い、枕を高くして寝ている輩がいる。日本はどうなってしまうのでしょうか?私は「今やらなければ、いつやるのだ」と思っています。
    沖縄辺野古も決してこのままでは良いと思っていません。日本の植民地や属国ではありません。半歩でも一歩でも前に進みたいと思います(^^)。
なるべく早く沖縄辺野古へ戻り、またカヌー🛶を漕ぎたいと思います。

  とりとめの無い文章で申し訳ありません。

0 コメント

2017年

3月

13日

たんぽぽ舎 特派員 辺野古 12017年3月13日

今日(12日)は日曜日で天気も良かったので辺野古から歩いて「名護岳(345m)」に登ってきました。辺野古を午前6時半に出発し午後3時に宿に戻ってきました(^^)。名護岳からは名護の市内が一望できます。またヤンバルの森は生物が多く歩いていても楽しいです。日頃のモヤモヤを吹き飛ばすには最適です^_^。
   今日は31.2km、約41500歩、歩きました。カヌー🛶では主に上半身を使っているので日曜日は足を使うようにしています^_^。写真は「わんさか」と言う県でやっているレストラン+野菜など販売しているお店です。

0 コメント

2017年

3月

12日

たんぽぽ舎 特派員 辺野古 2017年3月11日

  本日は朝から大雨☔️、強風波浪警報が出ていたのでカヌー🛶は休みだった。久しぶりにのんびりした。
   あれから6年経ちます。私は茨城県の海岸近くに住んでいるので、あの時の地震の凄まじさは今でも体で覚えています。その後の福島第一原発の爆発、これは紛れもない人災です。被害者は数百万人とも言われますが奇妙なことに加害者はいません。今ではまるで事故はなかったかのように再稼働に邁進しています。よく「原発は辺野古新基地を作ることと構造は同じだ」と言われます。その通りです。いま辺野古では県民の80%以上の反対があるにもかかわらず、県との合意事項、法律を無視して工事を強行しています。私たちはこのような国にハッキリとNOと答えたいと思ってます😑
   この6年間日本は極端に悪い方向に向かっているとしか思えません。
悲しいことですが、悲しがってばかりはいれません😢。理不尽な事には強い抵抗の意志を示したいと思っています。写真は今日のキャンプシュワブ前

0 コメント

2017年

3月

11日

たんぽぽ舎 特派員 辺野古 2017年3月10日

今日は曇りで気温は低かった。海の上も一日中寒かった(~_~;)。午後3時半小雨が降ってきて海上作業は終了した。なので私たちも引き上げた。午前中は汚濁防止膜を張られ抗議と阻止行動をした。
    写真は俵状のフロートが壊れている状態、発泡スチロールが数ミリに壊れ発散する。それを魚🐠がエサ間違え食べる。魚は死んでしまう。最大の自然破壊だ

0 コメント

2017年

3月

10日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月9日

  今日は初心者の班を担当した。
あまりそういう事はなかったのでそれなりに気を使う。日曜のカヌー教室に参加し「海に出てもいい」と認められた人が最初「ゆっくり班」として海に出ることができる。カヌーはただ漕ぐだけでなく、自分で転覆した時起きる技術、支援船に乗る技術、逆に船からカヌーに乗り移る技術などなど多くのことが要求される。女性3名男性1名をサポートしてフロートまで行った。島の名称や地形、潮の流れ、風向きなど説明し実際のカヌー🛶を体験してもらった。フロートを越えて海保に拘束されつつある仲間も見ることができた。早く一人前になって辺野古ぶるーの一員となって活躍してほしい^_^。

0 コメント

2017年

3月

07日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月7日

 今日は曇り時々晴れ⛅️、北の風6〜8m、朝8時出艇辺野古の浜は穏やかだった😃。長島の間(ながなが)を超えると、いつものように海は荒れている。午前中長島の近くで調査している船があり、私たちは抗議をした。2班の人たちが阻止行動に入った。彼らはすぐに作業を止めチマ港に戻っていった。私たちは船の上で弁当🍱を食べて彼らが昼休みに戻ってきて作業再開するのに備えた。案の定、私たちが弁当食べてる最中に戻ってきた。すぐに対応フロートの内側に入れないようにカヌーを配置した。結局彼らの作業は出来なかった。しかし、午後2時45分別のチームが作業をしていたので私たち全員が抗議および阻止行動を行った。結構長い時間私達はがんばったが多勢に無勢15分ほどで全員が拘束されました(;Д;)

0 コメント

2017年

3月

06日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月6日

     日曜日はカヌーが休みなので久しぶりにヤンバルの森沿いの道を歩いた。何も考えず自然と触れ合うのは楽しい。ヤンバルの森は木ノ実なども多く鳥類、動物などの天国だ!そのような森を私たちの代で壊してはいけない。これは海も同じと思う☺️。私たちは未来の人たちに今の自然を残なければならない🌈。それが私たちの義務であり責任である思います

0 コメント

2017年

3月

04日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月4日

 今日一日は快晴で暖かく本当に過ごしやすい日だった。8時30分、辺野古ぶるーは瀬嵩の浜から出発した。海は凪でフロートまでゆっくりと非常に楽しい😄。フロートの中ものんびりムード、全然動きは無いので今日は作業がないと判断して引き上げた。第二テントに戻ると地元のお母さんたちが作ってくれた弁当が待っていた。おかずは種類が多く非常に美味しかった。12時10分ゲート前に行き「三線の日の行事」に参加した🤗。沖縄の人たちの「平和、自然を大事にする心」が大きく感じられる踊り、歌などを堪能した😊

    14時10分頃解散した。2/3位の人たちが帰った。それを見ていたようにダンプカー3台がやってきた。すかさず機動隊がやってきて強引に排除が始まった💢。かなり暴力的だ。私は少し離れた所で、その光景を写真に撮っていた。突然後ろから両手をつかまれ足を踏まれ引きずられた。その際履いていたビーチサンダルが左右両方とも壊れてしまった。これは「器物破損」と思いますが責任ある機動隊の人の見解を聞いてみたい?

 

(ビーチサンダルを履いていた理由はカヌーが終了し、シャワーを浴びたばかりだから、素足で危険なので阻止行動には参加してなかった)

0 コメント

2017年

3月

04日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月3日

 本日のトンブロック投下は午前中、長島付近で確認しただけで6個あった。我々の待機した場所から1km位離れている場所なので阻止行動は行わずただ遠くから見ているだけだった。一個落とされるたびに身が切られる思いをした😭。午後も続けて落とされる事を予想したがクレーン台船の動きが???で一個も落とさなかった。14時ごろ風が出てきたため支援船平和丸に乗り込み監視活動を15時まで続けた。

    フロートは全部で3種類あるがいずれも設置直後から壊れ毎日修理の船が3台で直している状態である。が追いついてはいない状態に見える。これも私たちの税金である

0 コメント

2017年

3月

02日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月2日

今日(3月2日)、午前中は暖かく穏やかだった。辺野古ぶるーは瀬嵩の浜で待機してブロックの投下作業に備えた。結果は空振り。午後は「確実に作業はある」と読みカヌは1時に臨時制限区域に向かった。途中まで行くと風が強くとてもカヌーを漕ぐ状態じゃなかった。横風がすごく転覆の恐れがあるので浜に戻った。結局今日はブロックの投下はなかった^_^ 。 写真は強風下現場に向かう辺野古ぶるーホッとした。

0 コメント

2017年

3月

01日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年3月1日

  辺野古、今日カヌーは瀬嵩(せたけ)の浜から出た。朝から雨が降っていた。しかも午前10時ごろ⚡️雷警報が出たので午前中は待機した。午後1時ごろ晴れ間が出てきたので海に出て監視活動をした。時々小雨があり視界はあまりよくなかった。しかし、ブロックの投下は5〜6個(確認したもの)あった😠

山のようにあったブロック(228個)は運んできたパレット台船にはなくなり、投下台船2隻に積み替えてある。したがって、あと数日で投下作業は終了すると思う。多くのサンゴが潰されたと思うとやり切れない(~_~;)  悲しい現実だ 

 

0 コメント

2017年

3月

01日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2月28日

今日から辺野古です。早朝、成田から沖縄に向かいました。飛行機は暇なので以下思うところを書いてみました。長い文章ですがガマンして読んで下さい^_^

   今まで私は「自分自身」のためだけに生きてきました(~_~;)。しかし、最近は「一生に一度ぐらい自分以外の人のために何かをしなければ」と思っています。それにはまだ身体が動き、頭もそこそこ動く今がラストチャンスと思います。そうは言っても、精神的な弱さの為なかなか思うようにはいかないのが現実です😿。
   それでは今なにをするべきか?
   現在は過去の結果としてあるのだから過去から学ばなければいけない。例えば、私たちは(神の国)を信じ「アジアの国々を救う」という命題を掲げ戦争に突き進んだ。その結果何百万人という人の命を奪った。そして今まさにいつか来た道を歩もうとする人達がいる。また、(一時の金儲けのため)後先を考えず、原子力発電所を作った。その結果、事実として「人類史上最大の事故」と言われる大事故を起こした。しかも原子力発電所で発生した「核のゴミ」の行き場がない。←私たちはなんと愚かなのだろう。
   私たちは生きてきた証(あかし)としてこのようなものを私たちの世代で断ち切らなければいけない。
   ここであなたは、戦争に突き進む勢力、原子力発電に突き進む勢力も結局同じ人達だと気がつくでしょうか?
   彼らは経済という単なる金儲けのため憲法さえ捻じ曲げ、微罪で120日以上個人を拘留する事さえなんとも思っていない。多くの人々の自由、幸せなどに関心は無いと思われる。このように考えると沖縄の基地問題も辺野古新基地建設問題も理解する事が出来ると思う。
  とはいっても人は時間、お金、体力、気力など持っているものは限られています。上記を踏まえ自分の出来ることをやるしかないと思います。
   私は沖縄の置かれている現状について直接的、間接的に関わりたいと思い
辺野古の埋め立て阻止のため辺野古ぶるー(カヌー🛶チーム)に参加しています。これは①戦争をする為の(人を殺すための)基地をつくらせない。②世界的に貴重な人類の宝、サンゴの海を壊さない。③一方、地方自治から考えると沖縄は最近の全ての選挙において「基地はいらない」候補が勝利しています。これらと戦前、戦中、戦後71年の歴史をふまえ沖縄はまともな独立国の一部とは思えないのです。
   沖縄はかってベトナムの人々から「悪魔の島」と呼ばれていました(~_~;)。平和憲法を持っている私たちは二度とこのような過ちを起こしてはいけないと強く思います。また何万年も続いている美しい海を私たちの代で壊してはいけない、子供達、孫たち未来の人達に残さなければいけない、未来の人たちが辺野古の海で遊ぶ姿が見え、歓喜が聞こえる気がします。
   正直、時には日に8時間という長い間カヌーに乗っての抗議はかなりキツい事もあります。暑さ、寒さ、荒波、強風などと戦い、海保の拘束、ケガなどにも注意が必要です。
    しかし、今やらなければいつやるのか?誰がやるのか?、黙っていれば賛成した事になる。抗議の姿勢は保ち続けなければいけない。
   それでは先ほどの私の時間、お金、体力、気力について検証してみます。
・時間:定年退職の身なので有るように見えるが、、、。
・お金:収入は年金だけなのでアップアップ、一部の人たちが言うように1日20000円もらってみたい。
・体力:わずかに残っているか?
・気力:ともすれば心が折れそう

0 コメント

2017年

2月

26日

特派員おばば 大浦湾・汀間漁港 クレーン船が見える

汀間漁港に行き、フロート周りで抗議して、瀬嵩の浜に集結している人たちとエールの交換をした。

0 コメント

2017年

2月

24日

特派員おばばin辺野古 2017年2月24日

2月20日午前9時半過ぎ、辺野古で逮捕者が出た。その直後、ゲートに向かって抗議する者、座り込む者達の怒りは続いた。訳の分からぬ逮捕、警察法を全くご存知ないのか? 翌日の釈放。

 

0 コメント

2017年

2月

18日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月17日

 

まいどお騒がせしてます。今回の辺野古は今日の海上行動で終わりました。今日は辺野古ぶるー全体のリーダーをやったので精神的には疲れましたがフロート越えも私の号令で全員が上手くいき充実した一日でした。拘束された全員怪我もなく辺野古の浜に戻されました^_^
   海上保安庁の職員の対応もGB=ゴムボートのクルーによりますが、かなり対応が違います。一般的に沖縄の海保は丁寧で私たちの声をよく聞きます。本土からの海保は高圧的で私たちを犯罪人扱いする人たちもいます💢


 

 


    メールを長く読んでもらいありがとうございます。この辺で区切りをつけて明日自宅に帰ります💐
次回は2月28日から沖縄に来ます^_^

 

0 コメント

2017年

2月

16日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 15日後半

本日、午後から嘉手納にある沖縄防衛局に行った。全部で200名ほどの人が集まり辺野古新基地建設に伴う海上行動、ブロック投入などに強く抗議した。

0 コメント

2017年

2月

15日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月15日

 今日午前中はブロック投下を阻止するためフロートを越えて行きました。あっけなく拘束され辺野古の浜に送り帰されました(泣)。けが人はありませんでした。

写真:フロート、海保、台船(コンクリートブロックを満載している)
 今日はこれで終わりです。
16時から嘉手納の防衛局での海上工事に対する抗議集会に参加しました。辺野古ぶるーの人の車に乗って防衛局まで来ました^_^
0 コメント

2017年

2月

14日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月14日

   朝は比較的穏やかな天気だった。
辺野古の浜から17艇のカヌー🛶が出た。辺野古崎を回り長島の間(通称長なが)を通過すると途端に波🌊とうねりが大きくなった。ブロックを投下している台船の近くで待機した。
10時50分一回目のブロックが吊り上げられ、それを合図にフロートを越えた。人数が多かったのでかなり善戦(25分ぐらい)した。全員が拘束され辺野古の浜に送り返された。昼食後、現場に戻り再度台船の前に並んでブロックの投下に備えた。13時40分ブロックが釣り上げられ再びフロート内に入り阻止活動をした。全員が拘束されるまで20分ほど費やした。このような戦いの繰り返で作業を徐々に遅らせることができる。✌🏾
    ・写真:朝日に向かって漕ぐ

0 コメント

2017年

2月

13日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月13日

今日は暖かく過ごしやすい日でした。私は休日なので名護までバス🚌で行き、「名護自然動植物公園」に行きました。 公園内を歩きまわり珍しい花、鳥などを見ることができました。毎日が緊張の連続なのでたまには良いでしょう^_^   
・左の写真:マダカスカルのカランコエ


 

 

 昨日カヌー🛶チームが海に出たことがFacebookなどで話題になり色々な人からメールをもらいました。下の写真は支援船に乗っていた若い女性が投稿したものです。Facebookを見た若い女性から以下のようなコメントがありました。
「今朝関口宏のサンデーモーニング6チャンでこの映像がでました。Kさんどこだどこだ?でしたが、この写真?まさか自撮りできないっすよね」
  強風の中を漕いでいるので多少力が入ってます。

0 コメント

2017年

2月

11日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月11日

  今日は「波浪警報、強風注意報」が出ていた。風が強く波🌊も高く寒かったがカヌー🛶チームは海に出た🐬(7時50分)。取り敢えず辺野古崎を回り長島近くのフロートまで行き監視活動をした。コンクリートブロックを海に投入する場合、まず作業員が船上に出てきてクレーンか立ち上がる。瀬嵩(せたけ)方面の台船と長島の近くの台船2隻の動きは午前8時半から10時半まで全くなかった。で私たちは監視活動を中止して浜に戻った🚣🏿(11時)。寒かった!

 

 

    辺野古では桜が満開です。しかし、辺野古新基地はまさに真冬が続いています。

0 コメント

2017年

2月

11日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月10日

 強風波浪注意報が出てきょうもカヌーは休みだ午前中は待機しかぬーの整備をした

・船舶及びカヌー🛶侵入防止フロートについて

 

毎日3隻(一隻に3人の作業員)の小舟が壊れた場所を修理している。しかし、直しても直してもすぐに壊れるので、無駄な作業である。そもそも基本設計ミスと思う。この修理作業を何年間続けるのか全く税金の無駄遣いだ。    

 

   ちなみにフロートは全長約7kmある。

 


 

・カヌー回収の件

 

   海上保安庁に拘束された場合カヌー🛶はどうなるのでしょうか?

 

持ち主の居ないカヌーおよびパドル(カイ)は当然、海の上を漂っている。それを海保、または私達の支援船が集めて、私たちが解放される場所(辺野古の浜、平島など)まで持ってくることになる(現在)。

 

    時により集められたカヌーはフロートに係留され放置される。それを私たちが取りに行く。

 

     

 

0 コメント

2017年

2月

09日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月9日

    今日(8日)の海は荒れていました。しかし、ブロックを落とす作業は有りました(~_~;)
   朝10時10分ブロックの投下が始まりました。ただちに辺野古ぶるーは阻止行動にはいりましたがあえな全員が拘束され平島まで連れて行かれ解放されました。
   すぐに現場に戻り監視を続け11時40分2度目の投下が始まりました。私達は同じく阻止行動を開始、今回は善戦して数人がブロック投下の台船にだいぶ近寄りました。私は海に落とされ10分ほど海中に居ました。海保ポートGBに上がってから非常に寒かったです。この時はチマ港まで送られ全員が解放されました。
    なので、また作業現場に戻り、監視活動をしました。1時50分ブロックの投下が開始され私たちはまたフロートを越え阻止活動に入りました。全員が拘束されましたが
拘束された時乗り捨てた?が風で台船に向かって流され結果的に作業が中断しました(^_^)
   このしぶとい抗議、阻止行動が積もり積もって大きな成果になると思っています。ちなみに誰かが台船に到達すれば大きく作業は止まります。写真:拘束されてる支援船
(虹枻色の旗を掲げゆている)

2017年

2月

07日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月7日

今日(2月7日)からコンクリートブロックの投下が始まりました。全部で15tブロック228個の予定です。
本当に悲し光景です(~_~;)私はサングラス🕶の奥で涙を流していました。何千年と続いた美しい自然を一瞬にして破壊する。取り返しのつかないことを私たちの代でやってしまってはいけないと思います(泣)
私たち辺野古ぶるーは新しいフロートを越えて猛然と抗議をしました。当然のごとく海上保安庁に拘束されてしまいました。海の上の1時間30分は悔しくもあり非常に長く感じました。その場でFacebookに簡単な状況アップしました。
拘束下でFacebookもないんですがいっときも早くブロック投下と理不尽な内容を世間に知らせたかったからです。12時に拘束され12時20分には全国展開しました。せめてもの弱者の意思表示だと思っています。
写真:海保GBから、奥はコンクリートブロックを投下した作業船

2017年

2月

07日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月6日

  辺野古ぶるーは午後4時30分まで大浦湾で監視/抗議活動をした。午後3時半ごろ台船(ブロックを投下する船)が長島の近くまで来たが結局作業をしないで戻っていった。その後ブロック投下を警戒して私たちは1時間ほど粘った。新聞などでは「今日からブロック投下が始まる」と言われていたけれど陸(キャンプシュワブ前テント)と海での活動の合わせ技で作業阻止に成功したと思う。(^_^)
    写真:t=トンブロックを満載して鹿児島からやってきた作業船GB=海保ゴムボート10艇に守られている(~_~;)

昼食は平島です。早朝から監視活動です。本日12時現在、ブロック投下まだありません。キャンプシュワブ前(約200名参加)での作業員阻止行動は成功してます。少なくとも午前11時まで作業員の車をストップさせた模様です。私たちも午後からの作業に注目してます。今日は絶対に投下させないとの覚悟です。カヌー?は16艇です。(^_^)

2017年

2月

05日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2月5日その2

本日午前8時大浦湾に切削船ポセイドンが入船しました。

2017年

2月

05日

たんぽぽ舎特派員報告 辺野古 2017年2月5日

   今日、朝1番で辺野古崎を回り新しく導入されフロートを見に行きました。(現在、見るだけなら海保に拘束されることはありません)最初のフロードはツノがありロープが3列、まるで忍者がえし、2番目は垂直の棒に1.2mあまりの網が貼ってあり畑の猪よけ(動画)、今回3番目のものは直径30cmのウキを5個並べ両側に俵状のウキ(写真)を連結、それを網で包んだもの、まるで「カヌー🛶で越えて行ってください」と言っているような ちゃっちいものです。
動画があります ←ーーこちら

新しいフロートが導入されました。最初のフロードはツノがありロープが3列、まるで忍者がえし、2番目は垂直の棒に1.2mあまりの網が貼ってあり畑の猪よけ(動画)、今回3番目のものは直径30cmのウキを5個並べ両側に俵状のウキ(写真)を連結、それを網で包んだもの、まるで「カヌーで越えていってください」と言っているようなちゃっちいものです。

 船舶及びカヌー

侵入防止網にしがみついてるカニを見つけました。甲羅の径は約3cmでとても可愛い侵入防止フロートの痛みは激しく丸一日でさらに拡大した。例えば大きなフロートの両側でその浮力を支えている小さなフロートが外れてなくなっている。全体の1割位?多分どんぶらこと、どこかの島に流れていったのでしょう。(~_~;)

2017年

2月

04日

たんぽぽ舎特派員 辺野古2017年2月4日

2017年

2月

03日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月3日

2017年

2月

02日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年2月2日

今日は冷たい風が強く波が高かった。辺野古崎まで行って監視活動がおもだった。夕方4時半まで監視活動を行った。船舶及びカヌー🛶の侵入防止新フロートが設置されつつある。今回は辺野古崎と長島間約1kmに写真のような侵入防止の網がついた新しいフロートである。しかし前回の3段ロープ同様設計上に問題があり今週の月曜、火曜に設置したものが2、3日で見るも無惨に壊れつつある。1〜2割が壊れてる。写真上(正常)、下(壊れたもの)

2017年

1月

22日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年1月21日

 今日は現場作業が休みだった。

昨日「嵐の中」の作業だったので休みにしたのかもしれない。いずれにしろ相手がいないので辺野古ぶるーは監視活動だけにた。従って、私たちは午前1020分ごろに引き上げた。カヌーの点検掃除後、みんなで昼食をとり解散とした。午後からはキャンプシュワブ前の集会に参加して「フロートの現状、海の上は寒い」などの話を15分ほどした。(^_^)

    今日感じた事は角(つの)のあるフロートは設計ミスだと思います。今現在3km程延びてます。そこを監視船に乗って1時間30分ぐらい見ました。設置1週間で1割くらい壊れていました。その内容は1.ロープが切れているもの。2.角の角度がずれているもの、あるいは逆さまになってるもの。3.その他。です。

    これだと3月まで持たないでしょう。私は最初「ザマァミロ」と思いましたが、ずっと見ていくとなんだか悲しくなりました。これも私たちの税金です。

綱が切れ垂れ下がってる。角が手前に傾いている。向こう側のボートには沖縄防衛局職員が2名乗って私たちに警告している。その奥には海上保安庁のゴムボート(GB)が監視している。

手前の綱2本が無くなり、向こう側、こちら側の角は倒れている。

 

 

めちゃくちゃ!