安里 邦夫【 12月14日 辺野古海上行動大行動 】

->Okinawa Peace Appeal
【 12月14日 辺野古海上行動大行動 】辺野古の海に土砂を投入され、涙を流したあの日から3年が経ちました。 本日、日本・アメリカ両政府に対し、強く抗議すべく、カヌー🛶32艇、抗議船5隻(平和丸、不屈、翔也丸、うまんちゅ、ゆがふ世)に船長ほか乗船者30人ほど、計60人前後の参加で海上大行動が行われました。本日の海況 北東の風3〜4m、波50cm強 風はややあったが、天気も良く海がきれいでした… 朝9時、辺野古の浜を出発。今日は久しぶりの参加者もいるので、40分かけてゆっくりとK8護岸に到着。全国から寄せられたメッセージの書かれたバナーをオイルフェンスに貼り付け、全員が揃うのを待つ。後から到着したカヌーメンバーはカヌーを横並びに筏をつくり、大型のバナーを頭上に掲げた… 10時20分すぎから、シュプレヒコールをあげ、抗議集会が始まる。始まると同時に海保の統括がトラメガで大声をあげて音をかぶせてくる。カヌーのメンバーが抗議をして、集会中は静かになった。昨年までの海上集会では、民間のセントラル警備が大音量で音を被せてくることもあったが、今日は静かだった。最近、マスコミに叩かれている影響もあるのだろう⁈ ヘリ基地反対協の共闘代表あいさつ、カヌーメンバー二人、不屈船長のマイクアピール、集会決議の採択など、それぞれ想いを表現できたと思う。 その後、カヌーはオイルフェンスを超えて工事現場近くまで行き抗議をしようと… が、今日の海保は酷かった💢 フェンスが途切れて、カヌーが入れる場所で待ち伏せして、入ってくるカヌーを拘束する。長島近くの通称プールと言われるフェンスで囲われたようなところにカヌーを追いやって、そこに隊員が飛び込み拘束。 カヌーが多いからか?マスコミの目があるからか?カヌーを絶対に入れないという姿勢で対処してきた。それでも、長島裏やオイルフェンスにまたがってカヌーごと超えて抗議するカヌーも何名かいた。 全員拘束後、辺野古浜まで連れられて解放。 12時過ぎ、本日の行動は終了とした。