たんぽぽ舎高江特派員報告 2020216

天候:曇り/晴れ、風:海上で68m/s、波高:K8護岸付近で約1.5m(ウネリをを伴う)、気温日中約23

 *本日は朝、松田ぬ浜でも風が強くおよそ67m/sの向かい風、波は0.81m、とカヌーを漕ぐには厳しい。しかし、K8を目指して一応出発する。K3/K4のコーナーを曲がるとさらに風:8m/s、波:約1.5mと強くなり、途中赤白鉄塔前で抗議船に乗り込む。

 

 

 以上のような状態でK8護岸近くのフロートまで到達、K8/k9の工事を監視した。 

 その後、船長とカヌーチーム メンバーと相談し本日は撤退することにした。 

K8護岸> 

 朝、護岸に到着するとすでにランプウェイ台船にユンボ、ダンプカーが乗り込み赤土の搬出が始まっていた。 

 台船には満載近く赤土が積まれている。空になるまでには午前中時間がかかると判断する。 

K9護岸> 

 長島附近から遠くにK9護岸を見ることができる。こちらも台船にユンボ、ダンプカーが乗り込み赤土の搬出が始まっていた。 

************** 

 本日のような早めの撤退(判断に迷ったら安全サイドに)は海や山では重要であると思っている。ともすれば「せっかく来たのだから」と不満の人もいるかもしれない。もし、撤退の後に風がおさまり天気が回復すれば「判断ミス」と責められることもある。しかし、私はそれは結果論であり、その時点での判断は正しかったと自信を持って言うことにしている。 

**************

撤退😭‼️