たんぽぽ舎高江駐在員報告2018111

天候、朝曇り午後から晴れ。

     今日から法律をねじ曲げごり押しの工事が再開された💢💢。 

    また辺野古通信というか、辺野古新基地建設の現状を皆さんにお届けします。本来このようなFacebookの投稿がなければ1番好ましいのですが残念ながら今の政府ではとても期待できません。 

  840分松田ぬ浜を私たち16名は出発した。今日は午後からフロートの設置があるのじゃないかとの予想だったが、辺野古崎を回り大浦湾の奥深い場所まで行くと海上保安庁のGB(ゴムボート)の桟橋を作り始まっていた。そこにはGB16艇待ち構えていた。私たちは抗議と阻止行動行った。およそ1時間粘り全員が拘束された。全員が瀬嵩(せたけ)の浜に送り返されのは午前1120分、これから体制を整えさらに抗議するのは時間的に 

無理なので午前の部はこれで終わりにした。 

    午後は1250分瀬嵩の浜を出発した。風も強くなってきて、波はうねりも含み2m位になった。しかし、フロートの設置が始まった。私たちが抗議行動に入ると即、海保に拘束された。拘束が早すぎる。また午後1時を少し回ったところだ。そして時間を40分以上かけ瀬嵩浜に連れ戻された。通常のスピードで走れば10分もかからない所である。ほとんど嫌がらせにしか思えない。瀬嵩の浜に戻ってから即、工事現場に戻った。レジャービーチにはフロートが20列ぐらい並べてある。これを順に引き出してタグボートで設置現場まで運ぶ。私たちはその前でカヌーを縦横無尽に漕ぎフロートの引き出しを許さなかった。午後3時半まで粘って彼らは諦め、今日の作業は終了した🤗。午後からの作業は時間にして2/3以上阻止しました。 

    久しぶりの投稿なのでただ時系列的に書いてみました。 

111日午後、フロートが引き出されないようにビーチの前でカヌーを漕ぐ🎵🤗。