2016年

11月

06日

被ばく労働者梅田さんの福岡高裁での第一回控訴審です。

 いよいよ11月7日、被ばく労働者梅田さんの福岡高裁での第一回控訴審です。
門前集会1時半から、口頭弁論は2時開始。
501大法廷が満員の傍聴者で、地裁での不当判決を覆す熱気にあふれるものと
なりますように。
3時からは、原発労働者の被曝問題を追い続けて40年のフォトジャーナリスト樋
口健二さんをお迎えしての講演会と続きますから、
梅田さんの4年以上もの長い裁判闘争の中でも、
記念碑的な一日となることは間違いありません、お見逃しなきよう。

以下、「秋葉」さんの作品ご紹介、パート2です。
広島平和記念式典に参加してできた詩のようです。
梅田さんと同じく敦賀原発で働いていたこともある、
秋葉さん、これも何かのご縁でしょうか。
広島、長崎の被爆者のことにも思いを馳せながら、
裁判を見届けたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・
「原爆ドームの詩」
人の世の愚かさ伝え 七十年
風雪を 耐えて 忍んで 原爆ドーム
この惨禍 繰り返す事 無かれ
あの鐘の声 と切れる事 無し 平和かな
あの朝も 咲いていたろか キョウチクトウ
 (注:キョウチクトウは広島の市の花)
作:秋葉 平成27年8月6日 広島にて記