2016年

11月

04日

経産省前の交差点で金曜日に見かける方です(^-^)

ホームレスが売る雑誌『ビッグイシュー日本版』に取材して分かった貧困の実情

 

ホームレスの方へ仕事を提供し、自立を応援するための事業として生まれた雑誌『ビッグイシュー日本版』。

駅周辺で販売されているのを見かけることはあるが、買ったことが無い人にはどんな人が売っているのか、どんな内容なのか、知る機会がほとんど無い。

だが、一度ビッグイシューを買った人は口を揃えて「350円とは思えないぐらい内容が充実していて面白い」という。面白い雑誌を買ってホームレスの方を支援できるのならぜひ買ってみたいが、本当に自立の助けになっているのだろうか?   しらべえ ←ーつづきはこちら