2016年

6月

13日

夏休み スタディーツアー

森の哲人・カルロス・ソリージャさん(左)と歩く、希少な生態系、雲桐林(うんむりん)
インタグコーヒーの生産者もたずねます。森の多様性を守るアグロフォレストリー・コーヒーの所以が体験できる!

8月末から6泊9日間、インタグコーヒーやカブヤ編み(サイザル麻)の産地を訪ねるスペシャルツアー。大手旅行会社H.I.Sのスタディツアーデスクとの共同企画です!(ナマケモノ倶楽部)

募集要項は こちらから

1990年代より度重なる大企業による鉱山開計画に対し、「NO」と跳ね返してきた南米エクアドル、インタグ地域。同時に、オルタナティブなYES!として、森林農法の有機コーヒー栽培やカブヤ編みの手工芸品のフェアトレード、エコツーリズムなどのプロジェクトを立ち上げ、ナマケモノ倶楽部はじめウィンドファーム、スロー、カフェスロー、スローウォーターカフェなどの関連企業も、友人として、先進国に暮らす者の暮らし方の態度として、それらの産品を買い支え、鉱山開発に頼らない経済モデルづくりを応援してきました。

鉱山開発問題を引き起こしている本質に目を向けてみると、エクアドルではなく、地球の反対側に暮らす私たちの暮らし方(消費主義型のライフスタイル)にへとつながります。

フェアトレード、コミュニティビジネス、環境と開発、豊かさの問い直しなどのキーワードにぴぴっとくる方はもちろん、世界的にも希少な雲霧林(うんむりん)での贅沢な2日間を過ごしたいみなさま、ランや鳥などのワイルドなエクアドルを感じたいみなさまもどうぞ。早割がオススメ!(中村隆市)