2016年

2月

10日

甲状腺がん「信頼性高いリスクの推定を」国際環境疫学会

国際環境疫学会(ISEE)は1月22日、日本政府に対して書簡を送り、福島県民健康調査の甲状腺検査について、「福島県民における甲状腺がんのリスク増加は、想定よりはるかに大きい」と懸念を表明し、信頼に足るリスクの推定を行うよう要請した。(OurPlanet-TV:白石 草さん)

より詳しくは、OurPlanet-TVはこちら

 

また、多発する福島小児甲状腺ガンに関する四つの「事実」に対する疑問:『福島の小児甲状腺ガンについての公式見解を読み解く』ピアース・ウイリアムソン著(翻訳版:翻訳は井上利男氏)は、上記「甲状腺ガン」の理解を深めるのに役立ちます。翻訳版はこちら

1. スクリーニング効果

2. 潜伏期間4年

3. 低レベル被ばく線量

4. 呼吸ではなくミルク

との医学界の権威の主張について、かみ砕いて説明。

日本の医学界の権威が、「放射能の影響とは考えにくい」と主張することへの理論武装ができると思います。