ネオナチ糾弾の歌、22年の時を越え1位に 難民を応援新しいブログを書く

当然、全部ドイツ語ですから歌詞はわかりませんが、YouTubeで映像があるのでなんとなく雰囲気でわかります。

最後のオチで救われます。未来への希望は子供たちと音楽か?と思わせる。

 

 東西統一後まもない1993年のドイツで、移民を襲うネオナチを糾弾し、人々の共感を集めた歌があった。「シュライ・ナハ・リーベ(愛への叫び)」。この曲が昨秋、22年の時を越え、ヒットチャート1位に輝く「奇跡」が起きた。曲の中で、荒ぶるネオナチにこう呼びかけた。

♪おまえの暴力は愛への無言の叫びにすぎない/おまえの軍靴は愛情を切望する♪

デイ・エルツテ 「愛のへの叫び」  (朝日デジタル1月3日より)