新着情報 2017.5.6

<浪江林野火災>高線量 消火活動阻む |      河北新報 ←ーーこちら

新着情報 2017.5.3

 

【74カ月目の浪江町はいま】帰還困難区域で山林火災、高まる二次拡散の懸念。

「これでも〝安全〟か」。避難指示解除急いだ国や町に町民から怒りの声   民の声新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.5.2

 

【福島原発の放射性物質飛散予報】5月1日~3日22時予測<By_MeteoGroup>⇒「Pipenokemuri Flash 動画 Museum サイト」⇒ サイト下方今は野生梨桃花香る草木朽涯て万里野長城の写真動画アップ中!       パイプの煙さんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2017.5.1
チェルノブイリでは、森林火災で放射性物質の大気拡散を恐れていました。今、福島県浪江町の帰還困難区域の山林で29日から山火事が続いています。放射性物質が風に乗って拡散する恐れがあるので、福島や近隣県の皆さんは要注意です。

◆帰還困難区域の山林で火事 消火活動続く 福島 浪江町
(2017年4月30日 18時56分 NHK)から抜粋

 

中村隆市さん フェイスブック ←ーーこちら

2017年5月1日 福島県浪江町 帰還困難区域の山火事 ⑤  動画 ←ーーこちら (夜さん ツイイート

新着情報 2017.4.28

 

原発事故当時4歳児の甲状腺がん報告されず。

家族会が、福島県などに要望書を提出。


原発事故当時4歳の子どもが、福島県が行っている甲状腺検査のあと、がんと診断されたのに専門家の委員会に報告されていなかった問題で、患者や家族などでつくる団体が「検査の信頼を大きく損ねかねない」として、同様のケースの公表を求める要望書を県などに提出したことがわかりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010964581000.html←ーーこちら NHK WEB

 

 

新着情報 2017.4.28

吉野新復興大臣に要請~避難者に向き合って!

 

復興大臣の交代を踏まえ、本日、避難者支援を行っている「避難の協同センター」は、以下の要請書を吉野正芳復興大臣宛てに提出しました。

 

Foe Japan  ←ーーこちら

新着情報 2017.4.28

福島の学生1000人に映画「日本と再生」を無料で届けたい!

はじめまして。私は東日本大震災以後に立ち上げた「ふくしま自然エネルギー基金」の代表理事・佐藤彌右衛門と申します。私たちは「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いで、「原発に頼らず心も経済も豊かになる社会」を目指して活動しています。
もしもこの先、あの原発事故を再び起こすようなことがあれば、とてつもない被害をもたらすことは誰もが容易に想像できるでしょう。
しかし、震災から6年が経った今、国は政策として原発を維持・優先し続けています。私はこうした世の中の動きを変えるきっかけはないだろうか?そう思い続けてきました。

                               Readyfor  ←ーーこちら

新着情報 2017.4.26

大臣発言を逆手に取って東北の風景や食を紹介する 

という素敵なタグがあるそうですね。

まさに今満開の弘前の桜、素晴らしいですよ。おいでよ東北。

<弘前公園>浮かぶ花びら 春の夜照らす |

河北新報オンラインニュース

 白石草さんTwitter ←ーーこちら

 

新着情報 2017.4.21 

おしどりマコ・ケン 

(DAYS JAPAN 2017年2月号より)

福島県の甲状腺検査は、被曝の影響を調べるものじゃない!?

分かりやすいレポートです。

詳しくはこちら

←清水一雄委員

新着情報 2017.4.22

 

復興庁、自主避難の質問打ち切り 今村氏の発言以降制限朝日新聞デジタル

     満田夏花さんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2017.4.18

4/14参院・東日本大震災復興特別委員会 

山本太郎さんの質問で、今村復興大臣は、

「福島被災者は一般の被災者とは違う。意に反する追い出しはさせない。」と回答。

又、福島県のBPC対応の9病院(甲状腺癌の手術が出来る大病院)で2011年から2015年の間に、甲状腺癌と診断された手術件数は1082件と、厚労省から回答あり。

山本太郎の発言:

「9病院で4年間、1082件の甲状腺ガン。10件以下はカウントしていない。県外は含まず。1082件の内訳は、分らない。カウントするもの、しないものを選別し、恣意的な調査である。」

福島県民健康調査の甲状腺ガン患者を、誰かが意図的に隠している!!!
映像は、
ちら  https://www.youtube.com/watch?v=bUPxiArFdMM

または、こちら http://twitcasting.tv/yzjps/movie/364563360

新着情報 2017.4.13 

 

甲状腺がんの子4人に1人が進路に影響~

支援団体アンケート

OurPlanet-TV

 詳しくはこちら http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2116

 411日、東電福島原発事故後に甲状腺がんを発症した子どもたちを支援している市民団体「3・11甲状腺がん子ども基金」は、今年3月末までに経済支援を行った子どもの実情を報告した。アンケート結果によると、甲状腺がんを発症したことで、4人に1人が、進学や就職の際に、進路を変更したり断念していることが分かった。

(関連)184人以外にも未公表の甲状腺がん~事故当時4歳もOurPlanet-TV

 詳しくはこちら http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2108

 330日、福島県民健康調査の甲状腺検査をめぐり、福島県立医大は、これまで公表しているデータ以外にも、甲状腺がんと診断されていた子どもが存在することを認めた。未公表の症例には、事故当時5歳未満の子が含まれており、検討委員会の議論にも影響を与えそうだ。
 公表されていなかったのは、2次検査でいったん経過観察となり、その後、甲状腺がんと診断された患者のデータ。福島県立医科大はこれまで、穿刺細胞診で悪性または悪性疑いと診断された子どもは185人(うち1人は良性と確定診断)と発表してきたが、これ以外にもがんと診断された患者がいることを認めた。

2017.4.13 新着情報  

 

今村復興相発言/強まる政権全体への不信    河北新聞 ←ーーこちら

2017.4.12 新着情報  

 【自主避難者から住まいを奪うな】川俣町議会が今村復興相の辞任求める文書を送付。

「馬鹿大臣を放置出来ぬ」と全会一致。全国初、周辺自治体にも波及か  

宍戸俊則さんTwitter ←ーーこちら 民の声新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.4.11

<原発事故>オフサイトセンター無施錠で放置                      

  河北新聞 ←ーーこちら 

新着情報 2017.4.10

 

3歳未満対策用の「ゼリー状」ヨウ素剤を購入できず。

自治体困惑  東京新聞 ←ーーこちら

2017.4.11 新着情報

4/7、経産省前抗議、復興庁前抗議、金曜抗議報告。

もう黙っていられない「国の無策と責任放棄」~

今村大臣暴言に、避難者らが抗議!!!

たんぽぽ舎も合流し、抗議の声を挙げた。

詳しくはこちら

2017.4.8 新着情報

20170407UPLAN

「緊急行動」 今村復興相発言抗議!復興庁前

動画 ←ーーこちら

2017.4.8 新着情報

今日の東電会見は冒頭で新任の広報担当となった高木氏の紹介があった後、1号機2号機間にある排気筒の臨時点検を行ったと説明があった。これについて「どうして規制庁から指摘されている排気筒のリスク評価を四年間も出していないのか?」という核心をつく質問をしたのは、おしどりさんだけだった。

おしどり♀マコリーヌさんTwitter ←ーーこちら 

新着情報 2016.12.10

(1/21)【FoE Japan報告会】

3・11から未来へ福島への帰還政策、

原発輸出、原発温存政策、福島の若者たちの声

 

FoE Japan ←ーーこちら

新着情報 2017.4.5 

甲状腺検査に大穴?  「診療行為」が隠し幕!!!
今回の4歳児のケースは、氷山の一角です。

これまで「福島県検討委員会」は、子ども甲状腺がんに関して、2次検査の判定結果までを「守備範囲」とし、「手術」、「経過観察」などは「診療行為」として情報公開を拒んできました。

詳しくは、放射線被ばくを学習する会

2017.4.3  新着情報 

原発避難者ら原告半数が控訴 前橋地裁判決に不服 福井新聞 ←ーーこちら

2017.4.3  新着情報

 

福島県民健康調査の"闇"が、見え始めた。

184人以外にも未公表の甲状腺がん患者が。

事故当時4歳も。経過観察中の患者データを公表せず。

福島県民健康調査の甲状腺検査をめぐり、検査を実施している福島県立医大は30日、これまで公表しているデータ以外にも、甲状腺がんと診断されていれた子どもが存在することを認め、ホームページに公表した。

OurPlanetTVの取材によると、未公表の症例には、事故当時5歳未満の子が含まれているおり、

検討委員会の議論にも影響を与えそうだ。

詳しくは、こちら→ アワープラネットTV(ourplanet TV)

注)以下の「まさのあつこジャーナル」も必見!!!

2017.4.4  新着情報

 

自主避難は「自己責任」~復興大臣明言  動画 ←ーーこちら

2017.4.3  新着情報

 被ばく影響を否定する「権威」による、事故当時0~5歳の小児甲状腺がん発症なしの「根拠」が瓦解!

東電福島原発事故後に、福島で「100ミリシーベルト以下は安全」と言い広めた山下俊一医師が、チェルノブイリ事故後には、低線量被ばくが続くことへの危惧と、小児以外の年齢層の甲状腺がんやその他のがんの増加に対する懸念を表していたの をご存知だろうか。

記者会見をする、崎山比早子さん。

(中略)

現在の状況下で、少なくとも以下のことが指摘できるのではないか。

1.放射線被ばくの影響を見るために行っている甲状腺検査だが、福島県立医大の情報把握のやり方では、

全体像が把握できず、被ばくの影響が過小評価されている。

2.山下医師は、事故当時0から5歳の発症がないことを、東電福島原発事故による放射線被ばくの影響ではないことの根拠の一つに掲げてきたが、その根拠は崩れた

詳しくは、こちら→ まさのあつこ ジャーナル

新着情報 2017.3.28

 

震災あの日から(9) 

福島の児童を招いた元校長

              

佐賀新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.3.20

〈社説〉原発避難者訴訟 

国と東電の責任は明白だ  琉球新報 ←ーーこちら                          

新着情報 2017.3.21   UPLANさんから ☟1~3

20170320 UPLAN【デモ】

いのちを守れ!フクシマを忘れない!さようなら原発全国集会  

  動画 ←ーーこちら

20170320 UPLAN【ステージ・第1部】

いのちを守れ!フクシマを忘れない!さようなら原発全国集会     動画 ←ーーこちら 

20170320 UPLAN【ステージ・第2部】

いのちを守れ!フクシマを忘れない!さようなら原発全国集会     動画 ←ーーこちら 


新着情報 2017.3.21  シャワリンさんから

 

「いのちを守れ! フクシマを忘れない さようなら原発全国集会」 

 

原発や国有地叩き売り等と同様、批判を押し切り勝手に決めておいて、偉そうだった元都知事が「百条委員会」で、みっともないほど責任は部下や組織全体に丸投げ転嫁したそうですね。

 案の定「やっぱりね」判りきってはいましたが、福島第一原発事故でも責任とらず、被害者を含む国民に転嫁し、今後もそれで押し通そうというのでしょう。そんな横暴を許すわけにはいきません!

 

毎年恒例の「いのちを守れ! フクシマを忘れない さようなら原発全国集会」。
http://twitcasting.tv/showering00/movie/357120030

 やはり連休の好天で、全国各地からの参加者も含め、1万人1千人の盛会となりました。
http://twitcasting.tv/showering00/movie/357151640

 デモは2コースのうち、短い渋谷ですが、出発地点でバッテリー切れ、復活後、急いで追いかけたのですが、ゴール到着時には前半など解散済みでした。

http://twitcasting.tv/showering00/movie/357158869

  

日時:2017年3月20日(月、春分の日)
代々木公園(JR山手線「原宿駅」、東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」、千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」下車)
11:00 ブース開店(けやき並木)
    さようなら原発ライブ(趙博さん、中川五郎さん、ほか)
13:30 トーク
    落合恵子さん(作家)、鎌田慧さん(ルポライター)
    福島現地、福島避難者、被曝労働者から
    フクシマ連帯キャラバンから ほか
15:00 デモ出発
    渋谷コース:会場→渋谷駅前→明治通り→神宮通公園解散
    原宿コース:会場→原宿駅→外苑前駅→明治公園周辺解散
※ステージ上のトークには手話通訳があります。

新情報 2017.3.17

東電福島第2原発、廃炉へ。

東電、1号機から。

毎日新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.3.14

「福島の今とエネルギーの未来~2016-2017」発行

福島原発事故の被害の状況とエネルギー政策の最新情報をコンパクトにまとめました。
ぜひ、ご一読ください。A4 24頁   Foe Japan ←ーーこちら

新着情報 2017.3.14

 

東電福島原発廃炉に、70兆円必要!? 

保守系調査機関が算出した、驚くべき数字
政府試算のなんと3倍…これは大変だ
!!!

現代ビジネス:町田 徹

こちら

 

 

新着情報 2017.3.14

福島原発事故が起こって丸6年になりました。
今、放射能汚染地では、甲状腺がんだけでなく様々な病気が増え始めています。その具体例をお伝えする前に、私個人がチェルノブイリ医療支援に関わった経験をお伝えしたいと思います。
今から31年前の1986年にチェルノブイリ原発事故が起こりました。その4年後から医療支援に関わり始めた私は、1992年に初めてベラルーシを訪問しました。現地に行く前の私は、原発事故から6年8ヵ月も過ぎていたので、病気のピークは過ぎているだろうと思っていました。
しかし、実際には病気が増え続けていました。その後、毎年のようにベラルーシやウクライナに薬や医療機器を届けに行き、放射能で汚染されていない地域に「保養所」をつくったり、 移動検診車を贈呈して「早期診断治療システム」をつくるサポートなどをしてきました。なぜ、早期診断が必要だったのか?
それは、子どもたちの甲状腺がんは「転移」が早く、リンパ節への転移が3人に2人、肺への転移が6人に1人の割合で起きていたからです。(今、日本でも甲状腺がんの転移が増えてきています

放射能から子どもを守る企業と市民ネットワーク ←ーーこちら

新着情報 2017.3.13

今村雅弘復興担当大臣が、NHK日曜討論で「ふるさとを捨てるというのは簡単だが、戻ってとにかく頑張っていくんだという気持ちをしっかり持ってもらいたい」と発言。

どんな思いで故郷を離れなければならないのか。

どこが「被災地に寄り添う」だ!

小池晃さんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2017.3.13

「支援続けるべき95%」

原発事故の自主避難者世帯に。  

 佐賀新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.3.12

福島汚染水、遠い抜本対策 凍土壁では増加防げず  福井新聞 ←ーーこちら

福島事故炉、実態は謎のまま 燃料溶融、ロボ調査mp難航  福井新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.3.10

セシウムと土分離 

セシウムは風化した黒雲母に吸着

 

お散歩日和さん ←ーーこちら

 

お、朝日の杉本さんの記事。セシウム汚染土壌の熱処理についてですね、セシウムが土に吸着しやすい、というのは、セシウムは風化した黒雲母に吸着、ということだと。層構造に入って、閉じ込められるから分離しにくいのかー。

おしどり♀マコリーヌさん ←ーーこちら

新着情報 2017.3.10

3.11東日本大震災福島第1原発事故から6年目を迎えるこの時期に「原発ゼロ」行動の開催予定を3月8日付のしんぶん赤旗が大きく伝えていますが、ネット上に記事がありませんので写真で紹介しておきます。
全国で219カ所がわかっているとして一覧表も1ページ全体を使って紹介してありました。

                       船津康幸さんフェイスブック ←ーーこちら

 

新着情報 2017.3.10

【フクシマから何を学んだのか?

~私たちが守りたいもの、残したいもの~

3.11パネル展】
 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで裁判の会

↑こちら

新着情報 2017.3.1

第6回原発いらない地球(いのち)のつどい開催!

再掲載 2017.3.10

今年も311がやってきます。

あの日から6年が過ぎ、6回目の「原発いらない 地球(いのち)のつどい」を福島市で開催します。市内デモ行進も予定しています。ぜひ、お集まりください。

日時:2017年3月11日㊏ 12時~16時

会場:福島市市民会館

 分科会 12:10~13:40

全体会 13:40~14:50

デモ行進 15:10~16:10

 主催:原発いらない福島の女たち  〈協力スリー・ノンの女たち

連絡先:080-3190-7368

「福島の女たち」の連絡先は 

onna100ninyahoo.co.jp(@に変換)です。

★翌日12日(日)

 東京からの人たちは『列車と代行バスで行く浜通り』…を計画中です。

                                  原発いらない福島の女たち ←ーーこちら

新着情報 2017.3.5

原発事故被害地域 11都県に及ぶ。

今朝6時のトップで流れました。

「指定廃棄物の処分場 一部の県で建設の見通し立たず」

NHK3月5日 動画はこちら↓  http://www3.nhk.or.jp/n…/html/20170305/k10010899081000.html…

新着情報 2017.3.2

原発事故の自主避難者 県営住宅優先枠50~60戸  東京新聞 千葉 ←ーーこちら

新着情報 2017.2.28

パパに会いたいプロジェクト

「家族再開支援2017春休み」の募集開始のお知らせ

NPO法人 みんな地球の子どもじゃん ←ーーこちら

新着情報 2017.2.27

「3.11六周年放射能公害下の汚染と健康被害の現状」

厚生省測定食品汚染/海産物の汚染 放射能被爆に関する 健康被害/疾病別死亡数 など

(資料作成)

「放射能公害被害被災者に人権の光を!原発事故避難者に公的支援を求める会」代表 矢ヶ崎克馬(沖縄在住) 

                                        こちらから←ーー 

 

沖縄県の来年度予算案に福島県からの避難者に対する家賃補助が計上されました                                       

                                   沖縄県HP ←ーーこちらから

  ↑上記に関する記事詳細については「たんぽぽ舎金曜日ビラNo241」に記載されてます。

  問い合わせはたんぽぽ舎まで 電話03-3238-9035

新着情報 2017.2.27 

福島第1原発事故現場 ※取り出せると言い続けるのにあきれてしまう!! この作業を続けることでどれだけの重度の被曝労働者を生み出すつもりか?!! まさに原発は犠牲のシステムです
「「核燃料取り出しへ本腰」 事故6年を前に東電幹部」共同通信2017/2/26 17:46 https://this.kiji.is/208504397349470216?c=39546741839462401
「東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者が26日までに共同通信のインタビューに応じ、事故から間もなく6年となる福島第1原発の現状について「汚染水問題が落ち着いてきた。これからは、溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しなど、廃炉の核心となる作業に腰を据えて取り組む」との意向を示した。

...

 政府と東電は、1~3号機のデブリ取り出しの手順などを今年夏に絞り込むとしている。増田氏は「原子炉圧力容器の底の状態と、デブリがどう散らばっているのかは、最低限必要な情報だ」と述べ、来月に予定されている1号機の格納容器内部にロボットを投入する調査に期待を寄せた。」

                                                                                    船津 康幸さんフェイスブック ←ーーこちら

2017.2.24  新着情報

 

原発事故避難者の住宅をめぐる政府交渉報告~

「国の責任」はどこへ?

 

Foe japanな日々 ←ーーこちら

 

 

新着情報 2017.2.19

グレーチングの抜け落ちた箇所の図面もやっと公開。

一応、自分で手描きでつくってたけど。東電の口頭説明から自分で抜け落ち箇所を塗ったものと全く同じ。分かってたんだから早く出せばいいのにね。都合の悪いことは口頭説明だけで中々紙資料で出してくんないのよね!     おしどり♀マコリーヌさんTwitter ←ーーこちら 


 

新着情報 2017.2.19

あ、けっこうガッツリ抜け落ちてる画像が公開されましたね、2号機の燃料は、ほとんどが圧力容器に残ってると評価されてたけど、「何か」が抜け落ちて、周囲を溶かしながら大穴を開けて落ちていったのね!

おしどり♀マコリーヌさんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2017.2.19    20170218UPLAN 

原発事故自主避難者の住まいを奪うな!

2・18さよなら原発「緊急集会」の報告 動画 ←ーーこちら

新着情報 2017.2.19

広い範囲に高い線量、何故?福島第1第2号の格納容器。 

朝日デジタル ←ーーこちら

新着情報 2017.2.1

【自主避難者から住まいを奪うな】「私たちは悪くない」「住まいを奪うな」。

迫る打ち切り。山形県米沢市の雇用促進住宅入居者が”退去しない宣言”         

民の声新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.1.28

<講演会>

2/11  福島風評にすり替えられる実害 ーひろがる健康被害、分断と苦悩ー

★日 時  2017年2月11日(土) 13時開場 13時30分開演 
★場 所  光塾 渋谷区渋谷3-27-15 光和ビル地下1階  
 ●JRをご利用の場合は、渋谷駅埼京線ホーム近くの新南口が便利です。徒歩一分。渋谷三郵便局隣

 ●東急線、地下鉄線ご利用の場合は、渋谷警察署向かいの16b出口が便利です

★参加費  500円     約50名
  問い合わせ  nijisaiban@gmail.com 又は岡田(090-8494-3856)

            脱被ばく実現ネット ←ーーこちら                        


2017.2.3 新着情報

【自主避難者から住まいを奪うな】聴く耳持たぬ福島県職員。

「内堀知事の政策決定に誤りは無い」と来月末で無償提供打ち切りへ~第6回福島県庁交渉

民の声新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.1.28

原発がどんなものか知ってほしい(全) 故平井憲夫

彼は原発反対運動家ではなく二十年間、原子力発電所の現場で働いていた方です。

読み返してみて、所詮人が作る原発そのものの危うさを再認識しました。皆様どうぞ・・。 H.Y

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html <-- こちらクリック

新着情報 2017.1.30

小学6年生の鷲野天音君の「大人の人に伝えたいこと」 原発事故前の2010年に書かれた文章)を転載します。
日本は世界第3位の原子力発電の国です。しかも、日本は世界第3位の火山国です。火山国だということは、地かく変動もよく起こります。もし、地しんが起きたらどうなるのでしょう。日本に原子力発電所は望ましいのでしょうか? もしなにも起こらなかったとしても、未来に、核のゴミとして残ってしまいます…ぼくたちの未来に汚れた海や山、空気や水、核のゴミを残さないでください。
 ぼくたちの未来に残してほしいのは、生き物のくらせる森、川、命、希望、そして大きくなったら、こんなことがしたいという夢が叶えられる社会です。

...

ぼくたちも一緒にやるので、大人の人も、勉強してほしいです。

 大人の人にやってほしいのは
●やりはじめたことの責任をとること。
●前のひとのやった無責任を、解決するようにがんばること。
●こわれてしまった自然を、元に戻す努力をすること。
●それから、これ以上自然をこわさないこと、です。

 未来に続く命のために美しい地球を創りましょう。  
 よろしくおねがいします。

全文 http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-21039  中村隆市さんブログ ←ーーこちら

新着情報 2017.1.30 お勧め。

「予防の原則」の観点から、原発の再開は許されない。

 127()、九州玄海訴訟の第21回裁判で、大阪市立大学名誉教授・

滋賀大学元学長の宮本憲一さんの意見陳述が行われた。

 「戦後最大最悪の公害として福島の事故が起こった」と

「原発を差し止めるべき理由」を明快に示す。

詳しくはこちらhttps://www.facebook.com/nogenkaigenpatu/posts/1154915611284663

新着情報 2017.1.23

ほぼ毎週金曜日の官邸前抗議の参加の度に出会うご夫婦がいます。その奥様のお兄様にあたる三浦五郎氏(二本松在住)の自費出版のお話を聞いて、是非読みたいとお願いしたら、「自費出版だから出版数に限りがあり、もう無い」と断られました。それでもと、奥様のお手持ちの本を無理にお借りしました。

左の新聞記事にもあるように、福島原発事故の4年前に原発事故をフィクションとして創作されたというものです。読んでみると、6年前の原発事故当時、福島の皆さんがどんな思いで安全な所を探し求めて逃げ惑ったかという過去の現実を彷彿としてよみがえらせる文章に驚きを覚えました。

本文はPDF版なので読みづらいかもしれませんが、短編小説ですから手軽に読めると思います。

ややもすればマンネリ化する原発反対抗議行動の中で、このような出会いがあり嬉しい限りです。 (編集部)

 

本文はこちらから   ←ーー

2017.1.20 新着情報

 「日本物理学会」が掲載を拒否した原発批判論文の紹介です。

『放射線内部被曝の危険性と科学者の責任』 京都大学名誉教授 山田 耕作

 一部抜粋:福島原発事故以来6年になろうとする今、何をなすべきか

 現在、甲状腺がんをはじめ多くの被曝被害が劇的に増加し、顕在化しています。にもかかわらず、政府・東電は被曝の被害を隠蔽し、危険を顧みず、年間20ミリシーベルトの汚染地への帰還を避難者に強制し、従わないものには住宅の援助や賠償を打ち切ろうとしています。この原発事故の加害者たる政府・東電による人権を無視した政策を撤回させ、避難の権利を確立する運動をいっそう強化しなければならないと思います。

 詳しくはこちら  http://www.com-info.org/ima/ima_20170110_yamada.html

 

2017.1.18  新着情報

【FoE Japan報告会】

3・11から未来へ 

福島への帰還政策、原発輸出、原発温存政策、

福島の若者たちの声…(1/21)

  

FoE Japan  ←ーーこちら

 

新着情報 2017.1.11

「放射線被ばくを学習する会」が、”福島甲状腺がん「第三者機関」に関する申入書”を送付。

1月10日、「放射線被ばくを学習する会」が上記の申入書を、内堀・福島県知事、井出・福島県保健副支部長、小林・県民健康調査課長ならびに県民健康調査検討委員会に送付しました。

詳しくは、こちら

 

新着情報 2017.01.05  福島水素爆発の元凶は安倍晋三だった。

第一次政権で安倍首相は国会で原発が地震や津波で冷却機能を失う可能性があると再三、追求されたが、

「設計が違うから、同様の事態が発生するとは考えられない」とデタラメを強弁していたのだ。

http://79516147.at.webry.info/201701/article_34.html

 

新着情報 2016.12.31

検討委員会が、小児甲状腺がんは「放射線の影響とは考えにくい」と、こだわる訳は?

12月27日に開催された、第25回福島県県民健康調査検討委員会の傍聴報告が、

「放射線被ばくを学習する会」から分かり易く、まとめられました。

おしどり・マコさんの質問もあり詳しくは、こちら

新着情報 2016.12.28  

昨日(27日)の被ばく量:5.8μSv。 昨日の行動、福島市内、川俣町5時間、村内19時間、何も屋内、車内。 飯舘村内では被ばくを避ける方法は無い。

最近低線量被ばくのしきい値に関する報道があるが.

スリコミニュケーションの仕上げか?。

飯舘村で住むと言うことは命ある限り被ばくする。

飯舘村農民見習い伊藤延由さんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2016.12.28  

12/27、第25回福島県県民健康調査検討委員会の報告(抜粋)

「県民健康調査」検討委員会が27日、開催され、2巡目の健診で悪性ないし悪性疑いと診断された子どもは、前回より9人増え、68人となった。また手術をして甲状腺がんと確定したのは、10人増え、44人となった。1巡目と2巡目をあわせた数は、甲状腺がんの悪性ないし悪性疑いが183人。手術を終えた人が146人で、1人を除く145人が甲状腺がんと確定した。

<概要>
       悪性ないし悪性疑い(人)  ガン確定(手術済み)(人)
1巡目検査   115 (-)         101 (-)
2巡目検査    68(+9)         44(+10)
 合 計    183(+9)        145(+10)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(注1)上記で( )内は前回対比
詳しくは、OurPlanet TVにて 

再掲載 2016.12.27  (新着情報 2016.12.22)

小児甲状腺がんに関する意見を、送付。

12月27日に開催される第25回福島県県民健康調査検討委員会に向け、

21日、「放射線被ばくを学習する会」から検討委員全員と

小林・福島県健康調査課長に対し、意見を送付しました。詳しくは、こちら

新着情報 2016.12.27  

注目!!! 12/27、第25回福島県県民健康調査検討委員会の開催

小児甲状腺がん検診の行方は?

福島の子ども甲状腺がん検診「縮小」に、ノーベル賞の益川教授らが怒りの反論!
一方、縮小派のバックには日本財団
詳しくは、リテラhttp://lite-ra.com/2016/12/post-2804.html

新着情報 2016.12.26

原発避難でいじめ、原告団が声明。「報道は氷山の一角」「大人の世界でも嫌がらせ」

東電福島第一原発の事故後、福島県から避難した子どものいじめ被害が各地で発覚したことを受けて、原発被害者訴訟原告団全国連絡会が12月22日、声明を発表した。「報道された原発避難者の子どもに対するいじめは氷山の一角」「子どものみならず、大人の世界でも、心ない仕打ちや嫌がらせという事態が続いているのが実情」と事態の深刻さを指摘している。 詳しくはこちら

新着情報 2016.12.17 

経産省が動画・スチール写真も禁止

原発賠償の不合理問う場所で

田中龍作ジャーナル ←ーーこちら

 

新着情報 2016.12.10

!声明】

事故処理・賠償費用の電力託送料金への上乗せに反対!
東電の責任をあいまいにした国民負担増加は許さない!

FoE Japan ←ーーこちら

2016.12.2 新着情報

 管直人ブログより

 

原発事故被害者への、

住宅支援打ち切りは、安倍内閣総理大臣が同意  ←こちらをクリック

2016.11.30 新着情報

「日本には抵抗の文化がない」

福島訪問したノーベル賞作家が、指摘

 

THE HUFFINGTON POST  ←ーーこちら

2016.11.29新着情報

福島小児甲状腺がんの平均潜伏期間は1年7か月!?

「放射線被ばくを学習する会」が、「発見率」が一目でわかるグラフを作成。 

・スクリーニング効果ではない。

・潜在がんではない。

詳しくは、こちら

新着情報 2016.11.29

「3・11甲状腺がん子ども基金」が、記者会見。

基金は二千万円以上集まる。福島県など1都14県に住む25歳以下の患者らに療養費10万円、症状の重い患者には、さらに10万円。

科学的な因果関係を問うことなく、福島県外の子どもたちにも支援の手を差し伸べたい。ご支援を!

海渡雄一さんTwitter ←ーーこちら

 

新着情報 2016.11.28

〈メチル水銀〉マグロ過食に注意 妊婦から退治への影響    毎日新聞 ←ーーこちら

新着情報 2016.11.28  【自主避難者から住まいを奪うな】

「避難者を孤立させるな」。住宅打ち切りまで4カ月。「かながわ避難者生活支援ネットワーク」が始動。 民の声新聞 ←ーーこちら

 

新着情報 2016.11.25  (青柳行信さんメルマガより)

★ 日本カトリック正義と平和協議会 さんから:
2016.11.11 日本カトリック司教団は、司教団メッセージ
「地球という共通の家に暮らすすべての人へ原子力発電の撤廃を -福島原子力発電所事故から5年半後の日本カトリック教会からの提言- 」 を発表しました。
英語 :http://cbcj.catholic.jp/jpn/doc/cbcj/161111e.pdf
日本語:http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/cbcj/161111.htm
韓国語:http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/cbcj/161111k.pdf
あわせて、『今こそ原発の廃止を――日本のカトリック教会の問いかけ』もぜひお 読みください。
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/other/genpatsu/genpatsu.html

新着情報 2016.11.22

福島第2原発3号機使用済み燃料プール冷却装置停止。これに対して、原子力規制庁のコメント。「当面は直ちに危険な状態に陥るとは考えにくい」と。この病的な官僚作文。保身が危険を超えているのだ。あらかじめ用意された作文をそのまま出している。状況を掴んでいるわけではない。頭正俊さんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2016.11.20

廃炉に外国人:ブラジル政府、求人広告の自粛を要請  毎日新聞 ←ーーこちら

 

新着情報 2016.11.19

福島の高校生、廃炉現場を見学 18歳未満で事故後初  朝日新聞  ←ーーこちら

<福島第1原発>高校生が廃炉作業見学   復興の課題実感     毎日新聞 ←ーーこちら

上記関連

「日本では100mSvまで放射能の影響受けない」と言ってますよね。 再度掲載しますが、日本保険物理学会で「欧州委員会の放射能を無視できるレベルは通常時0.01mSv/年・事故時1mSv/年・・で計算してる」と記載されている。 日本人は特殊な人種らしい。私は付き合えないが・・・

桑ちゃんさん Twitter  ←ーーこちら

 

新着情報 2016.11.13

福島原発事故の健康影響調査、5年前から独自検診 霧島市の横山医師 南日本新聞 ←ーーこちら

 

新着情報 2016.11.13

福島の国道6号線清掃、抗議殺到 参加者激減の今年も実施ーーー被爆の危険も高校生アピール

 飯舘村農民見習い 伊藤延由さん Twitter ←ーーこちら