2017年

4月

07日

たんぽぽ舎特派員 辺野古 2017年4月7日

    今日の海は風が強くカヌー?は出れななかった(~_~;)。しかし、カヌーが出れないって言う事は海の工事もできないと言うことであるのでうれしい面もある。キャンプシュワブゲート前では50から60名が集まっただけなので機動隊の圧倒的な数におされかなりの苦戦であった。せめて200名は欲しい。沖縄の人、本土の人も仕事等をやりくりして1人でも多く集まってほしいと思います。

   今、日本では文字通り民主主義の危機と思います。共謀罪、教育勅語、原発の再稼働等など挙げればキリががありません(~_~;)。辺野古のこの地から巻き返していきたいと思ってます。
  以上は私のFacebookにも同様の主旨で投稿してあります。
ーーーーーーーーーーーーーー
   昨日のキャンプシュワブ前拘束逮捕、基地に引き込まれ拘束逮捕はいかにも強引で仕組まれていた感じがしました(~_~;)。例えば、シュワブ前には最初から戦闘服(?)を着た婦警が来ていました。周りの人に聞いてもこんな事は「記憶にない」と言っています。私も見るのは初めてです。
写真のようにその婦警が女性の首を絞め「公務執行妨害」と言って逮捕したのです。婦警は「女性が先に噛んだ」と言っていますが女性は「そんなことをしてない」と言っています。そもそも犬ではないので何もしない女性に先に噛み付く事は無いのではないのでしょうか?。彼女は人格者でカッとくるタイプではありません。

そして8日・・・・    昨日、野嵩と辺野古で拘束され、留置されていた3名が解放された!  やはり立件できなかったのだ。不当逮捕・不当拘留に強く抗議する・・・
    当然と言えば当然だと思います。 沖縄の裁判所はまだまともだと思います・