2016年

9月

27日

高江からのメッセージ

夜遅く申し訳ありません。■4時起床。5時辺野古テント出発。6時過ぎ高江N1裏テント着。 ミーティング、班編成、食事など。■8時前テント出発。 N1へ向かうチーム約1O名、H地区に向かうチーム(3班)18名。 8時半近くH地区到着。 伐採工事を止めました。作業員5人(ユンボ二台、チェーンソー二台、4トンダンプ1台)。防衛局職員約2O人 、機動隊約2O人、ビデオ撮影7台。 伐採した木のダンプ積み込みは継続中。  防衛局職員4台のハンドスピーカーで「こちらは提供施設区域内です。ただちに退去してください」と、壊れたテープレコーダーのように、ひたすら繰り返している。 
■9時半過ぎ、作業員、朝のうちに伐採した木の積み込みをするため、ダンプに積みやすくする長さに揃える作業を始める。 
■作業員の話によると、朝7時から伐採工事をしている、日曜だけ休みとのこと。
■先週の土曜からは、わずかな伐採しか出来ていない。 
■15時頃作業開始。機動隊約12O人、防衛局職員約2O人に守られて。こちらの人数は約3O人。
作業員はチェーンソー三台で伐採始めました。抗議するも、機動隊には勝てず、2O本前後は伐採されたもよう。 しかし、今日も工事を大幅に遅らせることは出来ました。 
■夜9時頃、博治さんと某所で会い、今日の健闘を喜びあい、「勝利を我らに」と言葉を交わし、別れました。 
■明日も高江です。
今夜から3日間、辺野古テント当番(宿泊)。