辺野古に基地は作らせない

2016.6.23新着情報  

◆やんばる東村・高江の現状

高江現地集会(第9回報告会)の呼びかけいつも暖かなご支援ありがとうございます。
米兵による痛ましい事件、事故が続いています。北部訓練場においては、夜間でも集落上空をヘリ・オスプレイが飛び廻っており、住民への配慮が全くありません。また、自衛隊との合同訓練もよく見かけるようになり、怒りと不安が募ります。
 さて、7月からの工事再開に向けて現地集会を開催します。座り込みは9年目を迎えます。
現場では防衛局がバリケード車の件で警告・撤去要請をしてきたり、警察の見回りが頻繁にあるなどしています。強制撤去も予想され警戒しています。
工事再開に伴い24時間体制の座り込みが始まります。
これ以上、事件・事故をおこさないため、県民の水がめを守るため。高江オスプレイパッド建設阻止・北部訓練場の全面返還に向けて力を合わせていきたいと思っています。ご参集よろしくお願いします。こちらから

高江で起こっていることを知るためのガイドパンフレット こちらから

2016.6.21新着情報 

◆高江より(たんぽぽ舎沖縄特派員?)レポートはこちらから

◆沖縄県民大会 6万5千人が追悼 海兵隊の撤退要求

沖縄タイムス こちらから

◆「もう二度と起こさせない」-それだけを願う沖縄の「祈り」【動画あり】こちらから

◆翁長知事「負けてはいけません」 県民大会、犠牲者悼む【動画あり】こちらから

 

2016.6.20 新着情報

「沖縄県民大会」に呼応するいのちと平和の6.19大行動の報告です。

於:国会前

2016.6.19新着情報

◆6月19日、沖縄、追悼県民大会 (たんぽぽ舎沖縄特派員?より)

  午前11時辺野古を辺野古ブルー、地元の人たちとバスで那覇の「奥武山陸上競技場」にきました。日差しが強くたいへんな日ですが、沖縄の人々、県外の人々でいっぱいです。人々の怒りはまさに「頂点に達している」と思います。残念なのは自民党などが党の方針?で不参加を決めたことです。色々と言いぶんはあると思いますが、ここは「故人の冥福を祈る」との大人の対応をしてほしいと思いました。参加人数は65000名でした。写真は現在の県民大会の様子です。重複をご容赦下さい。

◆6月17日 沖縄より(たんぽぽ舎沖縄特派員?より)

沖縄は梅雨明けしたので青空と強い日差しの下で、辺野古ブルー(カヌーチーム)と支援船メンバーとで嘉手納基地第3ゲートでYナンバー抗議&阻止行動をしました。(Yナンバー車を外にださない)嘉手納基地は極東最大の基地でベトナムやアフガンなどに此処から空爆機が出動しました。軍警、県警などと衝突がありましたが結構効果がありました。参議院選挙まで辺野古ブルー海上行動は火、金、日曜の3日間休みです。なので、今日は嘉手納基地、19日の日曜日は先日亡くなった島袋さんの追悼集会、21日、火曜日は「標的の村」の高江に行く予定です。全て辺野古ブルーの人たちと一緒です。写真は抗議のプラカードです。

◆「黒を身に付け哀悼の意を」 6・19沖縄県民大会  沖縄タイムス こちらから

【拡散希望】怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応する『命と平和のための6・19大行動』19日(日)14時~国会正門前pic.twitter.com/aYZchCkHzw 各種共有ボタンで拡散を!詳細は総がかり行動

 

2016.6.3 新着情報

◆米軍パトカーが市民に近づきサイレン音 「大音量」で30分鳴らす 沖縄タイムス こちらから

2016.6.2 新着情報

◆「被害女性にお詫び」 翁長知事、遺棄現場で追悼

 【恩納】元海兵隊員の米軍属による女性遺体遺棄事件で、沖縄県の翁長雄志知事は1日、恩納村内の遺棄現場を初めて訪れ、献花し手を合わせた。県議選候補者と一緒に足を運んだ翁長知事は記者団に「胸をかきむしられるような気持ちだ」と心境を語った。 沖縄タイムス辺野古取材班 こちらから

 

◆目取真俊講演会『伝えたい!沖縄の今〜辺野古の闘い〜沖縄の犠牲とヤマトゥの欺瞞』 日時:2016年 6月5日(日)18:30〜 場所:浦和コミュニティーセンター第15集会室(コムナーレ9F) 入場料:1000円(20歳以下500円)tokkoujiさん Twitter こちらから

辺野古 (へのこ) のたたかいを全国へ  あと2日!5.21レジスタンス大行動 ゲスト大発表!

詳しくは こちら

 

2016.5.30 新着情報

5.9 オール埼玉総合行動 山城さん連帯

https://www.youtube.com/watch?v=U457hRfcF7w&feature=youtu.be

◆米知識人「沖縄の全基地撤去を」 チョムスキー氏ら80人が声明

 【平安名純代・米国特約記者】米国のノーム・チョムスキー氏(マサチューセッツ工科大学)やピーター・カズニック氏(アメリカン大学)ら米国の平和活動家や大学教授ら約80人は26日、元海兵隊員の米軍属による女性遺体遺棄事件を受け、沖縄からすべての米軍基地を撤去するよう求めるとともに、オバマ政権に翁長雄志知事ら県側との対話を促す声明を発表した。  沖縄タイムス こちらから

 

2016.5.22 新着情報 

◆沖縄全基地撤去しかない!~「レジスタンス大行動」警察庁前は怒りの渦

レイバーネット日本 こちらから

2016.5.20 新着情報

◆真由美さんの「アメイジングレイス」が警視庁前で演奏されると、警察官の顔の表情が心なしか変わった。5月21日暴力を許さない!辺野古リレー主催。辺野古リレー沖縄辺野古のたたかいを全国へ              こちらから

 

2016.5.16 新着情報

◆【高江 座り込み9周年報告会】 6月19日(日) 14:00〜16:00 @東村村営体育館/入場無料 毎年7月の工事再開前に行われる報告会。今年は詩人のアーサー・ビナードさんの講演会がメインです。たくさんのご参集をお願いします!

◆オキナワタイムス辺野古取材班  こちらから

5月16日午後1時30分。大浦湾を見渡せる瀬嵩の丘からは、米軍キャンプ・シュワブの海岸に引き上げられたフロートを、浜辺にある重機が陸揚げする様子が確認できます。日に日にフロートの規模が小さくなっていきます。 

◆復帰の日から一夜明けた16日午前、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、新基地建設に反対する市民らが抗議行動をした。13日~15日の平和行進や、15日の県民大会に参加した全国各地の労働組合などが続々と激励に詰めかけ、抗議行動への参加者は約200人に上った。
 東京平和運動センターの佐藤光夫議長は「沖縄でが頑張っている皆さんの後方支援をしたい」と連帯を誓った 沖縄タイムス

 

2016.5.12 新着情報

◆辺野古 大型クレーンでフロートを移動&  鳩山元首相が“勝利のダンス

  沖縄タイムス辺野古取材班 こちら

2016.5.18 新着情報

◆米議員から辺野古見直しの声も 翁長知事と会談 沖縄タイムス こちらから

2016.5.11 新着情報

辺野古リレー沖縄辺野古のたたかいを全国へ

 

「国の暴力を許さない!!
レジスタンス大行動 警視庁・海上保安庁・国交省」に ご参加&団体賛同をおねがいします

 

日時: 2016年5月21日(土) 14:00 スタート
場所:警視庁、海上保安庁、国土交通省前
 

★当日は、抗議をしながらも、辺野古のように歌あり・踊りありで、皆が思いを豊かに表現しながら、楽しくつながれる場をつくっていきましょう! こちらから    

2016.5.8 新着情報

◆「辺野古」への誤解反論しますーーー沖縄の学者ら小冊子公開  (東京新聞朝刊記事2016.5.8より)

  それってどうなの?沖縄記事の話 こちらから 小冊子の申し込みも出来ます。

初めての方へ

 沖縄の基地や沖縄について、事実に反することがらが広く話されている状況を懸念する者が集まって小冊子作りました。インターネット上で広まった間違った情報について、それらの何がどう違うのかを、大真面目に分かり易く説明する必要がある、ということから、まず、どのような「沖縄の基地の話」が行き渡っているかを見付け、それについて、一つずつ反証(ここが、こう違うという説明)を書きました。

 「辺野古が造られるのは嫌だけど、海兵隊が尖閣を守ってくれるから...」「普天間が返還されるのはありがたいけど、辺野古が造られないと、雇用がなくなるから...」「辺野古を造らないと沖縄から米軍基地がなくなってしまうから...」そんなことを思っている方が大勢います。それらの「心配」には根拠がないことをここから読み取って、その知識の上で、辺野古の問題を改めて考えて頂けたらうれしいです。
 そして、小冊子を使って、多くの人たちがインターネットで 発信していけるようになったら、という期待もあります。SNSで、この小冊子を使って、「いやいや、それは違うでしょ」というような発言をしてもらいたいのです。
また、この小冊子は、小規模な勉強会の教科書として使うことを、目的の一つとしています。作ったメンバーが、勉強会の講師に行きますから、そのような会を開きたいご希望があったら、以下の連絡先まで連絡を下さい。
 というわけで、このブログでは、この小冊子『それってどうなの? 沖縄の基地の話。』のPDFファイルがダウンロードできるようにしたり、小冊子のもくじから個々の反証・検証を検索できるようにしました。

◆◆沖縄◆◆ 

●<社説>4・28「屈辱の日」 自己決定権回復を誓う日に 琉球新報

●「沖縄の人々を先住民族と認めるように」 国連が勧告 政府「アイヌ以外に存在しない」ハンフィントンポスト

● 政府「沖縄は先住民ではない」 県内の反応は?沖縄タイムス 

●「沖縄の人々は先住民族」の撤回要求 国連勧告で外務副大臣 琉球巡る歴史認識に隔たり 琉球新報 

    以上、第1840日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★青柳行信メルマガより

2016.4.25 新着情報

ついに争いの舞台が法廷に移った沖縄・辺野古への新基地建設問題。
一方、現場に目を戻すと、民主国家とは思えない醜態が起きていた。沖縄タイムス

2016.4.21 新着情報 

◆辺野古「沖縄に拒否権ある」憲法学者の小林節氏が講演 沖縄タイムス

2016.4.16 新着情報 

4月16日午後0時半ごろ、辺野古の大浦湾には今日もフロートと大型台船が浮いたままです。政府がフロート撤去の考えを示して2日経ちましたが、作業している様子はありません。沖縄タイムス辺野古取材班

2016.4.14 新着情報  ビックニュース!! 沖縄から たんぽぽ舎会員レポート

大浦湾のフロートが取り外されることになりました。私は今日午前中にフロートを超えて中に入りました。そこで沖縄防衛局にいじめられました。それもなくなりす。
    ここキャンプシワブ前は大騒ぎです。その様子をリアルタイムで送ります。写真は2枚あります最初は全員で喜びの踊りです。もう1枚は山城さんと私の喜びのポーズです。一歩前進したことで本当に嬉しいです。

★★関連記事は 沖縄タイムス  琉球新報

2016.4.12 新着情報  沖縄からたんぽぽ舎会員 レポート

    今、新基地を作らせない県民大会に参加してます。那覇の県庁前です。オール沖縄会議主催です。地元の人の車で一緒にきました。集会の後、7時から那覇市内をデモ行進です。(この続きはブログで)

関連記事は 沖縄タイムス

4月8日の沖縄から たんぽぽ舎会員レポート

   今日も午前中はカヌーで辺野古崎に行きました。目取真さんが拘束されたところを越えていきました。さすがに向こうはこの前の件は失敗と思ったのか、私たちに手を出してきません。ただこそこそと作業をしてるような素振りもあったのでたので、カヌーで近づき作業を中止するように強く言いました。昼前に辺野古の浜に戻りました。天気は良く海は穏やかでした。午後は辺野古大学で(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会)共同代表   中里鈴代さんに沖縄の歴史「基地と人権」を聞きました。毎日が勉強になります。写真は辺野古大学の様子です。つづきはこちら

2016.3.8新着情報 沖縄タイムス辺野古取材班のTwitterより

3月7日~8日の記事と写真を見てください。ブログに掲載されているたんぽぽ舎会員の送ってきている記事と符合します。両方を見ると地元で頑張っているお爺、お老婆他の方々の姿の実感が湧いて涙しそうです。

2016.3.5 沖縄キャンプシュワブから(たんぽぽ舎会員)

第1報(3月4日13時)

 今日は海が荒れているため午前中でカヌーは終わりました。政府が和解案をのむと言う話があります。こちらでは「選挙対策」「信用できない」などと言われています。
海では、昨日スパット台船(ボーリング用の船)二台がボーリングを止め浜に引きあげました。従って、「辺野古ぶるー」も制限区域を越えて行く事はありません。海保とのバトルも当分ありません。正直ほっとしています。
今日は3月4日なので沖縄では三線(サンシン)の日です。
朝のゲート前では10名以上三線を引きみんなが踊っていました。それを警視庁の機動隊が1人ずつ排除した。山城さんの「後10分待ってくれ」を無視して強行しました。何でもありです。本日のゲートの写真を添付します。
 第2報(3月4日20時)

本日13時30分頃、号外が発行されました。キャンプシュワブ前では大騒ぎでした。山城さんを先頭に中断を勝ち得たことに対して喜びが爆発しました。政府や機動隊、海上保安庁を私たちの非暴力、不服従、直接行動が上回ったと評価する人が多かったみたいです。しかし、山城さんは「中止まで絶対に力を緩めない」との決意表明をしました。私も信用できない政府なので同意見です。続きはブログでお読み下さい

2.25新着情報  2011/2/21 辺野古国会包囲をUPLANさんがアップ。

 止めよう!辺野古新基地建設 2.21 国会大包囲 動画はこちら      

2016.2.21 新着情報  

2/21:

止めよう!辺野古埋立て2・21首都圏アクション国会大包囲の報告

名護市の稲嶺進市長も参加し「強権的に移設計画を進める政府は、憲法が掲げる民主主義や地方自治をないがしろにしている。沖縄と国との戦いは沖縄だけの問題ではない」と訴えました。  たんぽぽ舎も宣伝活動。

主催者発表では、28,000人が参加。

 

2016.2.21 新着情報  

2/21:止めよう!辺野古埋立て2・21首都圏アクション国会大包囲の報告

名護市の稲嶺進市長も参加し「強権的に移設計画を進める政府は、憲法が掲げる民主主義や地方自治をないがしろにしている。沖縄と国との戦いは沖縄だけの問題ではない」と訴えました。  たんぽぽ舎も宣伝活動。

主催者発表では、28,000人が参加。様子はこちら

辺野古総行動を強化、救護班や弁護団結成 オール沖縄会議が幹事会

オール沖縄の戦いのあり方を我々も見習わなければなりません。選挙協力だけがオールマイティだとは思えません。沖縄の山城さんが「辺野古のゲート前に沢山集まれば必ず止められる」は示唆に富ます。

2015.12.30 フクナワより

沖縄記事ブログより 韓国の慰安婦・アッパレなハルモニたち

辺野古の海を埋め立てるな! 11.22新宿デモ

ユープランライブ

たんぽぽ舎特命記者のリポートです。

 

超満員の日比谷野外音楽堂。(左写真)

消防法による入場制限のため、

入場できない人々も。

その後、ジュゴンと共に、銀座パレードへ。

たんぽぽ舎も元気にアピール。(下写真)

 

4500人「新基地阻止」 東京に結集、連帯拡大

日比谷野外音楽堂 琉球新報より

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-179979.html