2018.1.20  新着情報 

今我が家にある命の次に大事なものがこれ。ボルティモアのコンファレンスで、参加者の皆さんにメッセージや署名を入れてもらった山城博治さんたちの完全無罪判決を求めるハガキ。ブランク版を持って帰った人達も沢山いるから、相当な数になると期待したい。
大事過ぎて一枚たりとも無くしてはならぬと思うあまり、運んでいる途中に強風に吹き飛ばされる悪夢まで見てうなされて。それからは貴重物を置くところに保管し、裁判所に届くハガキが日々届くように毎日投函する数を考え、あちこちの郵便局まで行ってちゃんと局員が切手を確認、消印を押して箱に入れるところまで見届けている。
今日行った郵便局の職員は日本びいきの顔馴染みで、私の顔を見ると日本の歌だと言って、日本語とは思えないなにやらの歌を歌い出すので緊張がほどける。客もいなかったせいもあって「なになに、え〜日本のジャッジにこんなに出すの?」などと普通言ってはいけないことを言ってマジマジと見ている。だからこちらも「このハガキはとっても大切な裁判にメッセージを送るキャンペーンのものなのよ。だから間違いなく送ってよ。」と言っ...たりする。
新聞記事にもなったから裁判所はいつ来るかいつ来るか、目をキョロキョロしているだろうか、いないだろうか。
ハガキに両手を合わせて見送る。 ちゃんと那覇の裁判所まで行くんだよ。
平和を愛し、沖縄に心を寄せる海外の人たちのメッセージ、必ず届けるんだよ。(shizuko takasugiさんFBより

2018.1.19  新着情報 

日米合同委を問う北部訓練場情報公開訴訟、防衛局の管理部長を証人尋問---「県道70号線の使用条件等の文書が明らかになれば、テロ集団等の攻撃の標的となる」?

                                          チョイさんの沖縄日記より

2018.1.16  新着情報  (takasugi shizukoさんFBより)

沖縄タイムス 電子版
 【平安名純代・米国特約記者】米首都ワシントン近郊メリーランド州のボルティモア大学で12日、海外米軍基地シンポジウムが開幕した。元陸軍大佐で元外交官のアン・ライト氏は基調講演で「沖縄では新基地建設に反対する人々の粘り強い闘いが今も続いている」と、沖縄の現状を紹介。抗議参加者らの逮捕が相次ぎ、沖縄平和運動センターの山城博治議長らが長期勾留されるなど「沖縄で人権が抑圧されている」と批判し、米軍基地のない沖縄の実現に向けた連携の強化を呼び掛けた。
 主催したのは、全米の16の平和活動団体と個人で構成する海外米軍基地反対連合で、初日は約200人が参加した。

 ライトさんの基調講演に続き、昨年12月に訪沖したベテランズ・フォー・ピースのタラク・カフさん(76)とウィル・グリフィンさん(33)が沖縄で撮影した山城氏のビデオメッセージを紹介。グリフィンさんは「米国の軍国主義は沖縄や世界の人々に大きな影響を与えている。世界を混乱させているのは米国防総省だ」と批判した。

 手作りの垂れ幕やチラシを携え、車で約6時間かけてニューヨークから参加した市民グループ「オキナワ・ピース・アピール」は、山城氏らの無実を訴えるキャンペーン「ジャスティス・フォー・ヒロジ」を展開した。

 グループ主宰の大山紀子さん=今帰仁村出身=と長島志津子さん=青森県出身、大竹秀子さん=福岡県出身=は「沖縄の米軍基地を維持するため、沖縄の人々の人権が侵害されている」と訴え、「裁判官に公正な裁判を求めるメッセージをはがきに託して」と協力を呼び掛けた。

2018.1.16  新着情報 

<1月15日(月)の辺野古海上行動>護岸工事を止めるために、海に飛び込み、頑張り続けるカヌーメンバーら

チョイさんの沖縄日記より

(カヌーメンバーの活躍ぶりはたんぽぽ舎高江駐在員から毎日報告が来ています こちらから )

2018.1.14  新着情報  

ぜひ全国のみなさんに読んでほしい、 聞いてほしい。 まけるな 私たちが絶対あきらめない理由がここにある ! 涙でる翁長知事夫人の圧倒的なメッセージ!「必ず私たちはおじいおばあがやったように必ずこらえて押し返す ! 」

tokkoujiさんがツイート

ヤンバル日記 ☚click

2018.1.7  新着情報

<1月6日の辺野古>今年最初のゲート前月例集会に600名が集まった!  チョイさんの沖縄日記より ☚click

2018.1.8  新着情報

名護市辺野古に新基地が完成すれば、伊江島、北部訓練場、嘉手納基地を往来するヘリとオスプレイで市街地上空は大変なことになるだろう。それが更に100年以上続く。 #名護市長選挙 稲嶺名護市長、移設阻止へ権限活用:時事ドットコム から    (n_nさんツイート)

2018.1.8  新着情報

オスプレイ墜落=名護市安部

ヘリ炎上大破=東村高江

ヘリ窓枠落下=宜野湾市

ヘリ不時着=うるま市伊計島

ヘリ不時着=読谷村

事故を起こした米軍機はすべて普天間基地所属。 この事実は、世界一危険な基地をどこに移そうと、沖縄県民の危険はなくならないということだ。普天間基地は無条件撤去こそ!  KENさんツイート ☚click

2018.1.7  新着情報

米軍ヘリ、また不時着 沖縄・伊計島、民家近くの海岸 米軍「計器異常」と説明   沖縄タイムスプラス ☚click

2018.1.5   新着情報

🐩 <社説>日米合同委見直し 「異常」な体制 是正を   琉球新報  ☚click

2018.1.8  新着情報

軍主導の日米合同委見直し提起 72年に米大使、米軍抵抗で頓挫   琉球新報 ☚click

🐕 異常事態が当たり前になってしまったこの国の恐ろしさを、沖縄から照射する意義は大きい。 琉球新報は1月3日、「日米合同委員会」の異常性に斬り込んだ。1面+2面+3面参照。渡瀬夏彦さんTwitter ☚click

2018.1.3   新着情報

MBSドキュメンタリー 「映像’17 沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔~」 

                                        映像はこちら ☚click

2018.1.4   新着情報

軍主導の日米合同委見直し提起 72年に米大使、米軍抵抗で頓挫   琉球新報 ☚click

2018.1.4   新着情報

米海兵隊HP 住民収容所の記述削除     東京新聞 ☚click

2017.12.30 新着情報

またカネと恫喝がやってくる。 菅官房長官が、今日29日沖縄を訪問する予定だが、事前に日程が漏れないよう箝口令が敷かれている。菅は29日に名護市を訪れる予定で、新基地周辺の久辺3区(久志、豊原、辺野古)の代表、高江区長との面談もあるとのこと   N_Nさんツイート ☚click

新着情報 2017.12.28

住民の声に耳傾けぬ国 宮古・石垣の陸自配備【2017ニュースその後・3】  沖縄タイムスプラス ☚click

新着情報 2017.12.18

12月16日(土)、亡くなった船長のSさんを偲ぶ海上セレモニー     ☚click チョイさんの沖縄日記より

関連記事はたんぽぽ舎高江駐在特派員報告20171216 こちら ☚click

新着情報 2017.12.18

砂川事件 60年の問いかけ 土屋源太郎さん 「実際はね だから 立川飛行場が閉鎖になったけど、現実には 今度 沖縄に負担をね押し付ける結果になっちゃったわけだよね。…沖縄の人達には申し訳ないというかね…再審請求してるというのはそこにもある。」  N_Nさんツイート ☚click

新着情報 2017.12.17

12月16日、辺野古辺野古工事用ゲート前。   動画はこちら ☚click

2017.12.16新着情報

20171213 UPLAN【前半・院内集会】辺野古の工事、いまどうなっている?~北上田毅さん、山城博治さんを迎えて   動画はこちら ☚click

2017.12.16 新着情報

20171213 UPLAN【後半・政府交渉】辺野古の工事、いまどうなっている?~北上田毅さん、山城博治さんを迎えて   動画はこちら ☚click

新着情報 2017.12.13

通販生活。常に闘ってるよね。  高田健さんツイート ☚click

新着情報 2017.12.13

20171212 UPLAN 山城裁判を知ろう!山城博治が語る沖縄の現状とこれから   動画はこちら ☚click

新着情報 2017.12.8

【沖縄の子どもの命が危ない】沖縄県の宜野湾市野嵩の保育園に、米軍CH53大型ヘリから9.5cmの落下物(放射性物質のカバーらしい)が、航空機通過のあと「どん」と落ちてきたという。「普天間基地を閉鎖すべき」と園長は怒る。 (金子勝さんツイート)より  琉球新報 ☚click

新着情報 2017.12.3

志津子さん、山城博治さんの英語での語りかけに、米軍の軍人が涙を流した! 詳しくはこちら ☚click

 新着情報 2017.12.3 (青柳信行さんメルマガより)

★ 沖縄 矢ヶ崎克馬 さんから:   避難者通信43201712月1日

 皆様、時は早く進むもので早や師走となってしまいました。 

お元気でいらっしゃいますか? 

内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/ya9p2k23 

新聞記事 新報論壇-高江  https://tinyurl.com/ycbo8ksw 

2017.12.3 新着情報  

【My Report from Okinawa #26 】(後半日本語です) I’m back in NY, but my Okinawa report will continue...

Before leaving Japan, I got the privilege of talking with Mr. Hir...oji Yamashiro, the prominent leader of the anti-U.S. military base movements on Okinawa.
During the brief talk, he introduced a very emotional episode, which I was allowed to share with peace loving people.

After the fatal crash caused by a marine driver with DWI happened on Nov. 19, Mr. Yamashiro along with other protesters went to the gate of Camp Zukeran which houses the headquarters of the U.S. military bases on Okinawa. When he started making a speech in English towards the gate, several security guards approached him with cameras in hands. One of them was a young female military personnel.
He said he wanted them to know that a precious life was taken away by a U.S. serviceman, and the victim was a father who was loved by his children, and a husband of his beloved wife. He asked them if they could imagine the grief of the bereaved family. He stressed that the people of Okinawa had been compelled to endure losses of families because of servicemen’s serious crimes time and again.

When Mr. Yamashiro paused, the young American in a military uniform put down the camera and bowed low to him. She was crying.

日本を発つ前に、山城博治さんと少しだけながらお話しするという光栄な偶然を得た。

そのお話の中で、胸を打たれるエピソードを紹介して頂いた。私が在沖中に、那覇で61歳の男性が飲酒運転の海兵隊に轢き殺されるという、やり切れない交通事故が起きた。その後、米軍司令部のあるキャンプ端慶覧に、山城さんは多くの人たちと共に抗議に出かけた。

山城さんがいることで、カメラを持ったセキュリティの人間たちがフェンスの向こうから寄って来た。ひとりは若い軍服姿の女性だったが、山城さんはマイクを持って英語で話し出した。

「こんな風に、いきなり愛するお父さんであり、旦那さんである人の命を奪われた子どもさんや奥さんの悔しさ、憤り、悲しみが君たちに分かるか。沖縄の人たちはこういう悲しみをいったい何度味わえばいいんだ。」

すると若い軍服の女性がカメラを下に向けて、深々と頭を下げた。見ると彼女は泣いていた。

山城さんは言った。
「同じ人間だ。どうしても相手に伝えようとすれば、こちらの思いは伝わることがある。彼女の姿を見た時、下手でもいいから、米兵たちに英語で心から話しかけてみようよ、と仲間たちに言いたいと思ったんです。」

その情景を心に浮かべると、私の目頭も熱くなった。(Hideko OtakeさんFBより)

2017.12.1 新着情報  

苦しみ72年、判決1分 沖縄戦国家賠償訴訟の高裁棄却 原告落胆  琉球新報 ☚click

N_NTさんwitterより

2017.11.29 新着情報  

🌹11月27、28日の海上行動  27日はk1 28日はN5での阻止行動を展開する。

2カ所同時に工事が進んでいるが、10艇に満たないカヌーでははどちらか1カ所に集中して阻止行動するしか方法がない。海保が4〜5人乗りエンジンが二基も付いているゴムボート数と今日のカヌーは、同じ8艇。

できる事は何か。カヌーを置いて岸辺近くを走る。船から飛び込んで泳ぐ、、、。

皆で工夫しながら何度も何度もオイルフェンスを超えるけれど圧倒的な数の力で海保に阻まれ工事を止めることができない。山頂に押し上げた瞬間、転げ落ちてくる岩を際限なく運び上げるシジフォスのようだ。
シジフォスはいつか神の許しを得たのだろうか。 私達が叫ぶ「新基地建設反対」の声が安倍政権に届く日はあるのだろうか。 辺野古高江新聞FBより ☜click

🌹奥港、本部港を辺野古への石材海上搬送に使用させるな!---沖縄県への要請行動。県は、「本部港の使用実態は適正ではない。是正を指導する」と表明  チョイさんの沖縄日記より  

2017.11.25 新着情報  

辺野古反対派に国際平和賞 「不撓不屈」闘争を称賛 共同通信 ☜click

 2017.11.24 新着情報  (青柳信行さんメルマガより)

★ 清重伸之 さんから:  辺野古の海の埋め立て工事 (転送) 

「三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記」  

77回:埋め立て資材の海上運搬始まる~抵抗する国頭村の人々~(三上智恵) 

防衛局は辺野古の海の埋め立て工事を進めようと、辺野古から離れた二つの港から直接石材を搬出する作戦に出ています。なぜ県知事が港湾使用申請を許可したのかと、ついにヒロジさんも疑義を唱えました。 反対運動のリーダーと行政上のリーダー、2人の関係を三上さんが見つめます。 

http://maga9.jp/mikami171122/ 

 この5分間の映像に、今の日本が詰め込まれています。

2017.11.23 新着情報 

昨日の琉球新報「南風」欄。 「我が社は、辺野古の基地建設には決して参入しない。私達は、子供達に何を残すのか。それは誇れることなのかに仕事の基準を置く。」東恩納組 代表取締役会長 東恩納厚 沖縄には、こんな骨のある建設会社もある。H建設やM工務店にも聞かせてあげたい。

tokkouji さんがリツイート ☜click

2017.11.20 新着情報 

2017年夏から秋にかけて沖縄であったこと。 報道されない事実(ことごと) ヤンバル日記 ☜click

2017.11.18 新着情報  

来週にも本部港からの石材海上搬送が始まる! ---17日、本部町当局との交渉。規則も審査基準もないまま何故、岸壁使用を許可できるのか? // 本部港からは台船4隻で申請。行き先は「辺野古港」?                                                                                                                                                   チョイさんの沖縄日記

米軍基地への環境調査に入れず 14年度から     毎日新聞    ☜click     

2017.11.17 新着情報

辺野古新基地、奥港使用許可撤回も 知事「新たな事態」 琉球新報  ☜click

 2017.11.15 新着情報

住民無視の強行 - 小さな集落の小さな漁港の朝          ヤンバル日記 ☜click

チョイさんの沖縄日記       ☜click

 

 下関 大谷正穂 さんから:(青柳信行さんメルマガより)

 沖縄県・本部町への要請書 

 辺野古新基地建設のため沖縄県内の土砂を海上輸送することに、各地の土砂搬出地のグループなどでつくる全国協議会は14日、沖縄県と本部町に許可取り消しを求める要請書を送りました。

 要請書には、岸壁使用や港湾使用を許可したのは「ゲート前の県民の命をかけた闘いに沖縄の行政が敵対するもの」。基地建設に反対するのは「恒久の平和を念願し、平和を維持し、国際社会において名誉ある地位をしめたいと思う日本国憲法前文を実践すること」と指摘しています。

 ぜひ、みなさんも沖縄県、本部町に要請してください。

 翁長雄志沖縄県知事 メール kouhou@pref.okinawa.ig.jp

2017.11.14 新着情報

沖縄防衛局、護岸用石材の海上輸送着手 辺野古新基地建設は新局面に  沖縄タイムスプラス  ☜click

2017.11.13 新着情報

11月13日 海上行動

K1への投石が始まった。N5と同じように3分程の間隔で投石。既に10mは延びている。
12艇のカヌーで、何度も、何度も、フロートを超えだけれど作業を止められなかった。
更に明日、600tの石材を積んだ船がK9護岸に接岸する。これは試験的海上搬送、搬送に問題がなければすぐに一日2000tの資材が搬入されるようになる。...
巨像の脚をアリが這い上がるように、せめてもの抵抗をしなければ。

辺野古高江新聞は鈴木公子さんをツイート       動画あります☜click

2017.11.12 新着情報

「あらゆる手段で阻止」のはずが… 新基地建設で奥・本部港使用を許可 沖縄県の苦悩   

                           沖縄タイムスプラス     ☜click 

2017.11.10 新着情報  11/月9日 今日のN5の映像。

10tトラックが3〜4分おきに砕石を積んで来る。クーレーンに付けたモッコに砕石を落として、クレーンで海に投下した後、ユンボで叩き、均していくのが今の一連の作業。

工事が始まったのが、6日月曜日。水域が浅いこともあるが、この4日間で10mは延びただろうか。しかも、同じような工事を3か所で同時進行している。今日のカヌー午前12、午後10艇。午前は、なんとか45分程止めることが出来たものの、午後からは作業現場に近づいても工事を止める事は出来なかった。...

この人数で、海保に阻まれながら、3か所の工事をどうすれば止められるのか。考え出したら大きな穴に落ちてしまう。頭でなく、身体で、仲間に支えられながら毎日愚直にカヌーを漕ぐ。動画 ☜click (辺野古高江新聞より)

2017.11.8 新着情報

辺野古新基地:見通せぬ土砂投入時期 文化財調査など不確定要素    沖縄タイムス  ☜click

2017.11.6 新着情報

辺野古の新護岸、きょう着工か  希少サンゴ保全巡り県は停止求める   沖縄タイムスプラス ☜click

2017.11.5 新着情報

山城議長「決して諦めない」 辺野古「県民大行動」に600人     沖縄タイムスプラス  ☜click

2017.10.27  新着情報

上原成信さんが25日午後10時38分、膵臓ガンのため那覇市の自宅で亡くなられました。90歳。葬儀は行わず、通夜は27日午後3時から那覇市銘苅のサンレー那覇北紫雲閣。17歳で上京14年から70年ぶりに沖縄で暮らし、辺野古で座り込みを続けていました。長年にわたる働きに感謝。黙祷。N_Nさん  ☜click

2017.10.27  新着情報

私の調査団体IPPの去年リリースしたレポート「2013年HH60墜落〜日本政府は米軍飛行再開に『理解』」は沖縄県の意思に反して、事故原因不明であるにも関わらず防衛局が米軍に飛行再開理解の文書をだしていたことを明らかにしました。これは米軍事故の度に行われていたのでは。河村雅美さん ☜click

2017.10.28  新着情報

会計検査院がシュワブ・海上警備業務の過大積算を指摘する!---防衛局は全ての工事・業務契約の見直しを!      2017年10月28日 | 沖縄日記・辺野古 

                                       (チョイさんの沖縄日記)

2017.10.28  新着情報

雨にもマケズ 海上座り込み カヌーチーム 辺野古ブルー

2017.10.25  新着情報

<社説>米軍現場土壌を搬出 悪質な証拠隠滅許されぬ  琉球新報 ☜click

 

2017.10.25  新着情報

琉大、軍事的研究行わず 基本方針を発表 学内審査も導入へ  琉球新報 ☜click

 

2017.10.22  新着情報 

沖縄本島の北端、辺戸岬に着きました。与論島と27度線で別たれてしまった。碑文に書かれた内容に甚く感動した。(たんぽぽ舎辺野古駐在員が久々に任地先に戻り激写しました・・・・右の写真☟を拡大して読んで下さい)

永久保存版です!! 


「祖国復帰闘争碑」1974年4月建立 祖国復帰協議会 

 

全国のそして全世界の友人に贈る

 

吹き渡る風の音に 耳を傾けよ

権力に抗し 復帰をなし遂げた大衆の乾杯の声だ 

打ち寄せる 波濤の響きを聞け 

戦争を拒み平和と人間解放を闘う大衆の雄叫びだ

  “鉄の暴風”やみ平和のおとずれを信じた沖縄県民は

  米軍占領に引き続き1952年4月28日

  サンフランシスコ「平和」条約第3条により

  屈辱的な米軍支配の鉄鎖に繋がれた 

米軍の支配は傲慢で 県民の自由と人権を蹂躙した

祖国日本は海の彼方に遠く 沖縄県民の声は空しく消えた

われわれの闘いは 蟷螂の斧に擬された

  しかし独立と平和を闘う全世界の人々との連帯であることを信じ

  全国民に呼びかけ 全世界の人々に訴えた

見よ 平和にたたずまう宜名真の里から

27度線を断つ小舟は船出し

舷々相寄り勝利を誓う大海上大会に発展したのだ

  今踏まえている土こそ

  辺戸区民の真心によって成る沖天の大焚火の大地なのだ

1972年5月15日 沖縄の祖国復帰は実現した

しかし県民の平和への願いは叶えられず

日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された

  しかる故に この碑は

  喜びを表明するためにあるのでもなく

  ましてや勝利を記念するためにあるのでもない

闘いをふり返り 大衆が信じ合い

自らの力を確め合い決意を新たにし合うためにこそあり 

  人類の永遠に生存し

  生きとし生けるものが 自然の摂理の下に

  生きながらえ得るために警鐘を鳴らさんとしてある

 

2017.10.17  新着情報 

高江区民の声を聞いてください。言葉を慎重に選んで答えていた区長が、最後に思い切って言った「基地はない方がいい」という言葉が胸に刺さる。 『沖縄・米軍ヘリ炎上:再三の要請「無視された」周辺住民怒り』毎日新聞

tokkoujiさんTwitterより←ーーこちら

2017.10.18 新着情報   

 

 1011日午後5時35ごろ、沖縄県東村高江地区米軍大型輸送ヘリCH53Eスタリオンが大破炎上した

 

 飛行中にエンジントラブルが発生、民間牧草地緊急着陸、墜落して炎上した

 

 このヘリには6本回転翼(ブレド)のそれぞれに放射性物質ストロンチウム90使装置けられて

 

詳しくは、こちら

 

2017.10.18 新着情報   

 1011日午後5時35ごろ、沖縄県東村高江地区米軍大型輸送ヘリCH53Eスタリオンが大破炎上した