新着情報 2017.7.24

辺野古の新基地建設で県の岩礁破砕許可を得ずに工事を進めるのは違法だとして沖縄県は24日午後、国を相手にした差し止め訴訟を那覇地裁に提起

 

BARAさんTwitter ←ーーこちら

 

琉球新報 ←ーーこちら

新着情報 2017.7.22

辺野古への新基地建設に抗議し、

大浦湾の埋め立て阻止を訴える「人間の鎖大行動」が22日午後2時、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前で行われ、約2千人(主催者発表)が参加 。

琉球新報 ←ーーこちら

新着情報 2017.7.22

辺野古新基地反対の意思つなぐ。 

2千人の「人間の鎖」、

1・2km伸び4ゲートを封鎖!!!

 

沖縄タイムス ←ーーこちら

新着情報 2017.7.21 

昨日に続いて、赤ドクロ前の道路から浜への砕石投下が行われた。

午前と午後の2回で、合計するとダンプ20台程の砕石だ。夢をあきらめずにさん ←ーーこちら

                                        たんぽぽ舎辺野古駐在員報告ほぼ連日掲載 ←ーーこちらも

新着情報 2017.7.16

辺野古工事に加担させるな 
土砂運搬「全国港湾」労組 
事業者団体へ要求 》

※2017年7月15日東京新聞夕刊

 

◆全国の港湾労働者でつくる「全国港湾労働組合連合会(全国港湾)」(東京都大田区)が、沖縄県名護市辺野古(へのこ)での米軍新基地建設工事は違法であり加担できないとして、辺野古を埋め立てる土砂の運搬作業を拒否する姿勢を示している。使用者側に、作業を行わないよう求めて労使協定の締結も働き掛けている。新基地建設を巡っては、反対運動を支える「辺野古基金」に全国から支援が寄せられているが、港湾での土砂運搬作業にも広がった格好だ。 (高山晶一)

 「労働者の職場が、違法な作業を行う職場であってはならない。使用者は、違法な作業を強要しない責任があるし、労働者には違法な業務命令を拒否する権利がある」。こう話すのは、全国港湾の諸見力(りき)・辺野古新基地建設反対対策委員会事務局長。使用者側との交渉次第では「ストも当然あり得る」と説明する。

 全国港湾は国内最大の港湾労組で、組合員二万人余り。二〇一五年九月に反対対策委を設置し、今年二月に政府が辺野古で海上の本体工事に着手すると抗議声明を出した。沖縄の港湾労働者は、米軍基地の存在で安全を脅かされてきたという思いが根底にある。

 辺野古埋め立てに必要な土砂約二千万立方メートルの八割を占める砕石は、沖縄県内二地区と、西日本六県七地区が採取の候補地とされる。各地の採石場から港に運ばれてきた採石を、船に積み込む作業を担うのが港湾労働者だ。

 全国港湾は今年五月末、辺野古の工事は「違法行為」として、事業者でつくる日本港運協会に要求書を提示した。(1)政府の違法行為を看過しない(2)土砂の搬出入作業を行わないよう、会員への指導を徹底する(3)これらについて労使協定を締結する-などの内容だ。

 その根拠として、辺野古工事は

(1)知事の承認を必要とした公有水面埋立法に違反
(2)知事の岩礁破砕許可を得ていない
(3)特定外来生物の侵入を防止する県条例を犯す-などと指摘する。

 これに対して政府は、辺野古の工事は適法との立場。今年三月で期限が切れた岩礁破砕許可も、地元漁協の漁業権放棄を理由に更新不要としている。沖縄県は、知事の許可を得ない岩礁破砕は違法として工事差し止め訴訟を起こす方針。

 日本港運協会は「(工事が)違法と確定したら見過ごせないが、確定していない今の段階では答えようがない」と話す。沖縄等米軍基地問題議員懇談会長の近藤昭一・民進党衆院議員は「埋め立て許可手続きに疑義がある中、政府も港湾労働者の声に耳を傾けるべきだ」と指摘する。

 埋め立て用の土砂を巡っては、採取候補地とされる西日本各地の市民団体も「故郷の土を使わせない」として、連携して搬出に反対している。

◇全国港湾労働組合連合会の要求

・沖縄の港湾労働者は生命と安全が脅かされてきた。沖縄の港湾を戦場としない措置を政府に求めること

・辺野古の新基地建設工事は違法行為。政府の違法行為を看過しないこと

・新基地建設に伴う土砂搬出入作業を行わないよう会員店社に指導徹底を行い、禁止すること

・以上について労使協定を締結すること

・政府の違法行為に対し、労使共同で反対行動に取り組むこと
 (日本港運協会への要求書から)

新着情報 2017.7.16

<社説>新着陸帯運用開始 

「負担軽減」と言えるのか    琉球新報 ←ーーこちら

 

新着情報 2017.7.15

「辺野古・高江工事の現状と問題報告」~「辺野古新基地 海底地盤に問題か?」

2017年7月9日昼、東京のたんぽぽ舎と、夜に四ツ谷区民センターで開かれた
「辺野古・高江工事の現状と問題報告」〜「辺野古新基地 海底地盤に問題か?」の講演を収録。
(=見雪恵美さん)   動画 ←ーーこちら

新着情報 2017.7.14

沖縄防衛局「調査内容は公表せず」 

辺野古警備艇の燃料投棄問題。

   沖縄タイムス  ←ーーこちら

新着情報 2017.7.13

高江住民の「ここに住めなくなるので飛ばないでほしい」との要望は、無理難題を政府に突き付けているのではない。住民の声に真摯に向き合い、住民のささやかな願いを実現すべきだ。

tokkoujiさんTwitter ←ーーこちら

 

<社説>新着陸帯運用開始 「負担軽減」と言えるのか 

                琉球新報 ←ーーこちら

 

新着情報 2017.7.13

沖縄県民大会に知事参加へ 3万人規模 8・12開催を発表

 

琉球新報 ←ーーこちら

 

 

新着情報 2017.7.11

「共謀罪」法の廃止訴える 体験踏まえ強い懸念 山城氏

山城議長は、県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設予定地を訪れ、反対派の住民らと意見交換。「権力で住民を排除するやり方は辺野古と同じ。反対者を公共事業を理解しない悪者に仕立てようとしている」と述べ連帯を呼び掛けた。長崎新聞 tokkoujiさん ←ーーこちら

 

新着情報 2017.7.11

【辺野古・高江】

明日7/12(水)は、沖縄で不当逮捕長期拘留された

3名の第7回公判。

いよいよ山城博治さんの口頭尋問です。

かねてから「公判で事実を明らかにしたい」と

語ってた博治さんは、この日を待ち望んでいました。

準備はバッチリと、本人は意欲満々。

ぜひ傍聴に駆け付けてください。

 tokkoujiさんTwitter ←ーーこちら

★たんぽぽ舎辺野古・高江駐在員だよりとしてリニューアル。

辺野古から熱い報告が、ほぼ毎日届いています。➡ こちら

新着情報 2017.7.7 

たんぽぽ舎特派員ブログがリニューアルオープン!!

たんぽぽ舎辺野古・高江駐在員報告が届きます。

今までの報告と共に、ブログにアップしますのでご愛読くださいm(__)m

  晴、風弱く海上でもかなり暑い。(7/6) 

K1護岸工事現場に810分到着、825分ごろから作業は始まった😨。ユンボ(ショベルカー)でガンガン仮設道路を叩き側面をならし幅を広げている。しばらくすると10tダンプカーが砕石を運んでくる。それを仮設道路の上に落としてゆくすごい砂煙だ。とても洗浄しているとは思えない。ダンプカーは2台で約6分おきにきて砕石を無造作に落としていく💢💢💢    抗議船、カヌーチームは「違法工事、自然を守れ、などなど」猛烈に抗議をした。結局午前午後合わせてダンプカーで560台の砕石を仮設道路に落し徐々に道を伸ばしている。   私たちは非常に悲しい光景を目にしている😡  

    本日は海でもかなり暑かった。そんな中で海上保安官は5mmのウェットスーツを着てヘルメットまでかぶり、話もしないで海上に立っている。これは労働、仕事と言えるのか、かなり過酷な行為だ。こういうことをさせている上部のものは冷房の効いた部屋でぬくぬくしている。 

    一方、私たちはカヌーに座り、時々水分を取り、暑くなると海に降り海面を歩きまわったり、友達と話をしたりしている。    このような違いは何なんだ  いくら若いといっても労働条件()を考慮しなければ人間はダメになってしまうと思うが、、、。 

写真:ダンプカーからおろす砕石とユンボ

 

【講演会のお知らせ】 

7月9日(日)14時~ スペースたんぽぽ 

「辺野古・高江工事の現状と問題報告」 <- こちらクリック

 特別連載!辺野古より カヌーチーム日報7月1日 

  昨日(630)は天候が良くないのでカヌーは海に出ませんでした。 

 ☆辺野古ぶるーでは725日に「大規模海上行動」を予定しています^_^ 是非参加をお願いします。

 私は既に参加申し込み済みです。 

~~~~~~~~~~~~ 

大浦湾をカヌーと船でうめつくそう!   辺野古新基地建設を許さない    725海上座り込み 
4
25日に実質的な埋め立てにあたるK9護岸工事が大浦湾で着工されました。石が毎日落とされ、珊瑚や多様な生物の生きる海が壊されています。 しかし、多くの仲間が集まれば工事は止められます。工事開始から3ヶ月となる
7月25、(チラシ参照)大浦湾をカヌーと船でうめつくして工事を止めましょう! 目標はカヌー100

・・・・・・・・・・・・・・・・

 つづき(詳細)←ーーこちら

 新着情報 2017.6.30

特別連載!辺野古より カヌーチーム日報6月29日

お疲れさまでした。今日は午前午後ともk1付近の仮設道路の砕石投入現場で行動しました。カヌーは午前11、午後9、船はブルーの船、勝丸、平和丸の3隻。午前2回、午後1回外側のフロートをこえて抗議しました。朝一の時は海保もすぐに拘束しようとせず、かなりフロートの中で動くことが出来ましたが、2回目はすぐ拘束されました。午後はかなり引き潮で、1回目は、海保のたいおうもバラバラでフロートの中でかなりの時間カヌーから降りて立っていることが出来ました。そのあとは海保がフロートの外側まで24人並ん出てきました。軍警の動きに注意しながら少し離れて監視と抗議をしました。簡単ですが報告です。写真は付けられませんでした。

 特別連載!辺野古より カヌーチーム日報7月1日 

  昨日(630)は天候が良くないのでカヌーは海に出ませんでした。 

 ☆辺野古ぶるーでは725日に「大規模海上行動」を予定しています^_^ 是非参加をお願いします。 

私は既に参加申し込み済みです。 

~~~~~~~~~~~~ 

大浦湾をカヌーと船でうめつくそう!   辺野古新基地建設を許さない    725海上座り込み 
4
25日に実質的な埋め立てにあたるK9護岸工事が大浦湾で着工されました。石が毎日落とされ、珊瑚や多様な生物の生きる海が壊されています。 しかし、多くの仲間が集まれば工事は止められます。工事開始から3ヶ月となる
7月25は、大浦湾をカヌーと船でうめつくして工事を止めましょう! 目標はカヌー100

・・・・・・・・・・・・・・・・

カヌーに乗って海へ
(
辺野古テント2
7時半集合

今までにカヌーで海上行動に参加したことのある人はモチロン。全く経験の無い人もこの機会にカヌー教室に参加し、
7/25 デビューを目指しましょう

(7
25海上座り込み参加予定者は、事前にご一報ください。
 
メール
:henokoblue@outlook.jp 
カヌー未経験、カヌー教室参加中、カヌー教室卒業済、カヌー経験ありだけど辺野古大浦湾での行動はなし、などの経験の有無も合わせてお知らせください。
(※
他所でのカヌー経験者も、チームとして行動するためのレクチャーが必要なので必ず事前にカヌー教室に参加してください。

【カヌー教室 】
 
日時:毎週日曜日
 
7/17
24(1週間)は臨時カヌー教室を毎日開催!
 
集合:辺野古テント
午前9集合
 
参加費無料 要予約
 
用意するもの:濡れてもいい服装(肌を守るため長袖が良い)、帽子、手袋、サングラス、日焼け止め、タオル、着替え
 
カヌー教室へのご質問、予約は
 
tel 
090-1865-8536 
担当:キムまでご連絡を。 
・・・・・・・・・・・・・・・・

瀬嵩浜の連帯集会に参加 
!(
瀬嵩浜で
13時から
瀬嵩浜からはK9護岸工事の現場が見える距離。海上座り込みに参加できない方は、瀬嵩浜での連帯集会にご参加下さい。海上メンバーと浜とのエール交換など、陸上と海の仲間が心をひとつにして新基地建設中止をアピールしましょう
・・・・・・・・・・・・・・・・

当日現地へ来られない方も   全国から集会に連帯してご参加下さい。 
連帯のメッセージをメールで送って下さい。
 
(
前日着まで募集中
)   送り先henokoblue@outlook.jp 
海上のフロートに設置するバナーを送って下さい。   (前日着まで募集中
油性ペンやクレヨンなどで布に大きな文字やイラストを書いて、結ぶ紐をしっかり付けて下さい。
  
送り先: 名護市辺野古テント村 725バナー係
  
プラカード用のキャッチコピーを送ってください。
    (7/20まで募集中
送り先
:henokoblue@outlook.jp 
・・・・・・・・・・・・・・・
当日はイメージカラー『ブルー』のものをなるべく身に付けて来て下さい!   
追加情報は【カヌーチーム・辺野古ぶるーブログ】
 Henokoblue.wixsite.com/henokoblue 
をチェック!    
お問い合わせ

henokoblue@outlook.jp 
主催 ヘリ基地反対協議会 

 

2017.6.27  新着情報

27日午後1時すぎ、シュワブ沿岸の新たな資材搬入道路の工事で作業が再開しました。抗議の市民が「工事をやめろ」「石を投下しないで」などと訴えています。

琉球新報辺野古・ヘリパット問題取材班  ←ーーこちら

 

特別連載!辺野古より カヌーチーム日報  626日、辺野古

  本日からK1地区(海から陸に向かって辺野古崎の左側、K9は右側)の埋め立てが始まりました💢

   私は来週からカヌーに参加します。それまでの繋ぎとして、差し当たりカヌーチームの日報を送ります。 おおむね、辺野古の埋め立てはK1護岸〜K9護岸まであり、まず両側を護岸(=堤防)をつくり、そこをダンプカーの道とし、間に砕石を投下し海を埋め立てていきます。それは10tダンプカーで35万台という想像を絶する量です💢💢💢

 特別連載!辺野古より カヌーチーム日報6月28日

今日は満潮の午前中、K1に行きました。捨て石をダンプで運んで来ていましたが、私達がオイルフェンの周りに居た為、海保が内側に待機せざるを得ず、捨て石は浜には投下されませんでした。完全に止めることはできませんでしたが、作業を遅らせることはできたと思います。高江の山を思い出しました。

午後はまずK9の状況を見に行きました。テトラポットが護岸の内側にどんどん積み上げられていました。以前に浜に置かれていたものと、新たにトレーラーで運ばれて来たものがありました。 

K1ではフロートが新たに張られそうになり、一班は向かいました。結果として三重フロートになりました。一重目が昨日からあったオイルフェン、二重目が小型フロート、三重目が大型フロートです。明日からは警備体制が変わると思います。 

2017.6.28  新着情報

【山城博治さん、添田充啓さんの公判&集会】
2017.6.28.

 

渡瀬夏彦さんフェイスブック ←ーーこちら

2017.6.26  新着情報

必見です。

星条旗新聞が 

ヒロジさんをインタビュー

 

こちらから

2017.6.26  新着情報

<社説>本部町の朝鮮人遺骨 空白の解明は日本の責務    琉球新報 ←ーーこちら

2017.6.24 新着情報

 

すごい写真だな。すべてを物語っている。

布施祐仁さんのTwitter ←ーーこちら

 

 

慰霊の日、沖縄の怒り 知事「辺野古阻止へ不退転」

  中日新聞 ←ーーこちら

2017.6.25  新着情報

軍隊の性暴力、根底に差別 

那覇の国際女性会議、

各国に申し入れへ

 

             琉球新報 ←ーーこちら

2017.6.25 新着情報  

【この国 怒りと悲しく ヒロジ@特派員協会】

検察主導 裁判所判断はとってつけたに等しい トランプの大統領令は違憲だという米の司法の在り方を見ていると 日本の司法はいつの時代?という思い 検察・裁判・弁護士の法曹三者 独自性のある司法が確立されるのを望みたい そのことを肌で感じた

【ヒロジ ひとえにゲート前にいる仲間たち!全県民の喜び 心から感謝!】 涙ぐまれると見てる方も誘われちゃう 通訳そのまんまRough Country Boy From Okinawa To Come Here(笑 外国特派員協会61分

                               水さんツイッター ←ーーこちら

 

   Hiroji Yamashiro: "The Fight Against US Bases on Okinawa"   動画  ←ーーこちら 

2017.6.23 新着情報

<社説>沖縄全戦没者追悼式 「積極的平和」を次世代に  琉球新報 ←ーーこちらから

2017.6.22  新着情報

「沖縄は孤立していない」 山城議長国連報告

 

琉球新報 ←ーーこちら

2017.6.20 新着情報

 

沖縄タイムス 20日

心縛「共謀罪」と沖縄戦(7)

 

1941年 「防諜」取り組み徹底 子どもたちも「スパイ」を通報。校長は全校生徒の前でほめたたえた。 誰をスパイと決めるのは軍や政府・・・やがてフツーの住民が摘発し始めた。

 

BARAさん  ←ーーこちら 

6/17(土)沖縄タイムス

◆「獄中では一人だったが、 世界では孤立していないことが 分かった」 と感極まった表情を浮かべた。

 

       ここあさんツイッター  ←ーーこちら

2017.6.19 新着情報

琉球新報 19日 ジュネーブで開かれた国連人権理事会と、関連シンポで沖縄反基地闘争への日本政府による弾圧などを訴えた山城ヒロジさんが、沖縄に帰った

 

BARAさんツイッター ←ーーこちら

2017.6.19 新着情報

山城さんの発言は全くそれとは違いました。発言の抑揚、まごころからの叫び、会場は静まり返りました。1分半の発言が、人の心を打つ、そんな演説のしかたがあるんだと、私は驚き、学びました。まさに人権活動家の真摯な発言がそこにはありました     N_Nさんツイッター ←ーーこちら

2017.6.21  新着情報

6月10日に行われた抗議行動の報告です。

・辺野古埋め立て、反対!!!   ・共謀罪は、廃案!!!

「国会大包囲行動」 参加者 18,000人

2017.6.17 新着情報

【ヒロジ@ジュネーブ】

国連人権委員会に参加する機会を頂き 心から感謝!

沖縄は第二次大戦中、軍民合せて20万人の人々が犠牲になる 凄惨な戦場となった島。

島は今日に至るまで 歴史的には1950年代の朝鮮戦争、60年代のベトナム戦争。

今日、中東各地における戦争の出撃基地となっております。

                                                                   火盗あらため鬼平さんツイッター ←ーーこちら

新着情報 2017.6.14  たんぽぽ舎特派員大浦 さんからのメッセージ

急ですが一時帰国しました。

 次回は7月初めからです。 

今回は1ヶ月余りの沖縄でしたが私の役割は毎日カヌーを漕ぎ、違法工事に抗議&阻止することです。 

    私は辺野古の海を私たちの代で壊すわけにはいかないと思ってます。なんといっても大浦湾には5,400種類の生物、242種類の絶滅危惧種の生物が住んでいる、世界でもまれな海ですから。 

    沖縄の現状はますます悪くなるばかりでまるで日本🇯🇵国とは思えないことが日常的に起きてます。例えば、先日違法車両をビデオで撮影していた女性が車道に数回踏み出したと言うことで逮捕されました。「道路交通法違反」ということです。その時手錠かけられ拘束されました。それで一泊の留置所暮らしです。当然、次の日釈放されましたが、携帯電話とビデオカメラを押収され返してもらえません(これって警察の窃盗ではないでしょうか?) 

    本土、例えば新宿で車道に踏み込んでもこれほどの事はないと思いますがどうでしょうか。

     また私は法律には詳しくありませんが、酒を飲んで交通事故を起こしても手錠をかけたり、携帯電話をとられたり、留置所にぶちこむ事はそれほど多くはないと思いますが、、、。 

    ともあれ辺野古の現場にいちど足を運んでもらいたいと思います。

 

新着情報 2017.6.13 号外!!

大田昌秀元沖縄県知事が死去 92歳

普天間返還要求、「平和の礎」建立

 

沖縄タイムス ←ーーこちら

新着情報 2017.6.11

普天間基地の移設問題をめぐり、政府が辺野古沖で護岸工事に着手して1か月あまりが経ちました。

移設を容認する地元の辺野古区は政府から直接的な交付金を受けていますが、

こうした現状に疑問を抱き基地建設に反対を続ける地元の男性の姿を追いました。

RBCニュース(動画5分位) ←ーーこちら