着情報 2020.7.5

【緊急行動のご案内】

「放射能汚染水を海に流すな」7.22緊急行動
 ~トリチウム等の海洋投棄反対、
        六ヶ所再処理施設の稼働反対~

≪賛同団体≫
Act Now!! Kagawa、伊方から原発をなくす会、伊方原発反対八西連絡協議会、市原憲法を活かす会、大間原発反対現地集会実行委員会、核燃から郷土を守る上

十三地方住民連絡会議、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団、核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会、核燃を考える住民の会、グリーン市民ネットワーク高知、グリーンズ千葉、グループ:南アジアの核兵器と原発、経産省前テントひろば、玄海原発反対住民会議、原子力規制委員会毎水曜昼休み抗議行動、原子力民間規制委員会・東京、原発いらない福島の女たち、原発さよなら千葉、原発と放射能を考える唐津の会、原発とめよう!九電本店前ひろば、原発止めよう!東葛の会、原発のない暮らし@ちょうふ、原発はいらない西東京集会実行委員会、これ以上海を汚すな!市民会、市民の意見30の会・東、出版労連原発問題委員会、脱原発アクションin香川、脱原発かわさき市民、脱被ばく実現ネット、たんぽぽ舎、チェルノブイリ法日本版をつくる郡山の会(しゃがの会)、東海第二原発問題相談会、東電本店合同抗議、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、反原発自治体議員・市民連盟、東日本大震災被災者支援千葉西部ネット、「平和への結集」をめざす市民の風、松戸市民ネットワーク「松戸で生きたい私たち」、未来への風いちから、八幡浜・原発から子供を守る女の会、六ケ所村に新しい風をおこす会、若狭の原発を考える会(6/27現在43団体)

止めよう!東海第二原発首都圏連絡会      賛同団体募集中 詳しくはこちら☚===click

 着情報 2020.6.30

 「放射能汚染水を海に流すな」7.22緊急行動

     【院内ヒアリング集会】と【抗議申入れ行動】

 

○日時:2020722() 13時~1930

○参加予定者
  ・山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局長)
  ・大河原さき氏(これ以上海を汚すな!市民会議)
   ・木幡ますみ氏(福島県大熊町町会議員)
  ・黒田節子氏(原発いらない福島の女たち)
  ・山崎久隆氏(たんぽぽ舎代表)ほか   

 

(1)院内ヒアリング集会  13時~16

        場所:衆議院第一議員会館 国際会議室

        テーマ:放射能汚染水の海洋放出
     ①トリチウム等放射能汚染水 ②六ヶ所再処理施設
(2)抗議申入れ行動      17時~1930

        東京電力抗議集会(新橋) 17001730

        日本原燃抗議集会(内幸町)17451815

        経産省抗議集会(霞ヶ関) 18301930

 

○呼びかけ  

       再稼働阻止全国ネットワーク
    連絡先
info@saikadososhinet.sakura.ne.jp 

       ℡ 070-6650-5549 Fax 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛とご明記ください)

       〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2ダイナミックビル5Fたんぽぽ舎気付

 ○賛同団体

       6/27現在福島・青森・全国の反原発団体など43団体   募集中です。

20.7.22汚染水緊急行動A面チラシ9校.pdf
PDFファイル 506.3 KB
20.7.22汚染水緊急行動B面チラシ3校.pdf
PDFファイル 642.9 KB

着情報 2020.6.27
 【#除染 で発生した #汚染土 を再利用?】
環境省が準備している「省令」は抜け穴だらけ。このままでは、#放射性物質 を含んだ土が、身近なところで「再利用」されかねません。各地で市民が反対しています。...
https://311mieruka.jp/info/report/ra
https://twitter.com/FoEJapan/status/1275209452862476290?s=20

着情報 2020.6.25  富塚さん情報です。

みなさま、 

片岡輝美です。昨日、モニタリングポストの継続配置を求める市民の会・三春から福島県議会に汚染水放出に反対する請願書が提出されました。合わせて、県庁前でアピールがありました。報告が届きましたので、シェアします。ご覧ください。 

■意見書の提出に関する請願書 

https://drive.google.com/file/d/1FHXvx8LEHA6GeAsJOMb76XWvKQZ7LZES/view?fbclid=IwAR3gIKIBBJFXk-aISIDoCyH7__a8qKAX-jc5EiBcvvyVaXT7yp6SJ-cDZ3w

 

着情報 2020.6.19

 

東電福島原発からの汚染水放出は、新型コロナウイルス感染症危機が過ぎるまで、
性急な決定をする必要はない。追加のタンク設置スペースは十分ある。

福島原発からの汚染水放出に対するOHCHR報道発表の翻訳資料

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の6月9日付プレスリリースについて、

訳資料(美浜の会HP掲載)
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/honyaku_siryo20200617.pdf

 

着情報 2020.6.18  (記事の下の方のYOU Tubeをclickすれば見られます。)

 着情報 2020.6.15

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は9日に声明を表し、福島第1原子力発電所の汚染水の海洋放出について、日本国内および国際的な深い議論を行うまで最終決定を先延ばしするよう日本側に求めた。

Sputnik日本

広岡逸樹さんFBより

着情報 2020.5.31

ロンドン条約・国連海洋法条約に違反の汚染水海洋放出を許すな!

風のたより 佐藤かずよしさんブログ

 

溜口郁子さんFBより

着情報 2020.5.13 

FoE Japanは、ALPS処理水をめぐる福島の漁業者らの声を「見える化」するため、映像を作成し、本日公開しました。 

https://youtu.be/FdUvwSV4XP8

 

「昔から獲ってきたのは魚です。その魚を本当に安心して食べれるような状況じゃなくなってしまったら、この子どもたちの将来はどうなるのと、だから(大熊町の住民で)自分の土地を使ってもいいよという人もいます。でも国はいっさい私たちの意見には耳を傾けません」と話すのは、大熊町長議会議員の木幡ますみさん。1231秒の映像です。ぜひご覧ください。 

 

FoE Japanは、福島原発事故被害の「見える化プロジェクト」に取り組んでいます。 

「見える化プロジェクト」では、事故当時のこと、今の暮らしなどについて、さまざまな人たちのインタビューを映像化し、国内外に発信しています。 

インタビュー映像は以下をご覧ください。 

https://www.foejapan.org/energy/fukushima/mieruka_interview.html 

ALPS処理汚染水、〆切が1か月のびて、615日になりました。 

「意見を丁寧にきくため」だそうですが…。 

それであれば、コロナがおさまってから、各地で公聴会をやるべきではないでしょうか? そういうことも含めて、パブコメを出しましょう! 何度でも出せます。 

ALPS処理汚染水、大気・海洋放出で本当にいいの? パブコメを出そう!(〆切615日) 

https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200407.html#top 

着情報 2020.5.8

政府の皆さん、「除染土の再利用」をする前に福島県で、なぜ病気が増えているのか、なぜ死亡率が高くなっているのかを調べて下さい。国連が何度も勧告している福島県民の年間被ばく防護基準を「20ミリシーベルト」から「1ミリシーベルト」に戻し、1ミリシーベルト以上被ばくする地域には、チェルノブイリがそうしたように「避難(移住)の権利」を与えて、必要な補償をして下さい。
◆除染土の再利用地で、野菜の試験栽培開始へ 環境省
(2020年5月2日 朝日新聞)より抜粋
 環境省は、東京電力福島第一原発事故にともなう除染で出た土を再利用した土地でトマトやキュウリなどを栽培して安全性を確かめる実証事業を今月中にも始める。帰還困難区域に指定されている福島県飯舘村長泥地区で行う。

...

 環境省は、放射性物質の濃度が一定基準以下の除染土を公共工事や農地造成に再利用する方針を掲げる。長泥地区はそれに向けた実証事業の場所だ。昨年度は、造成した土地で花やバイオマス発電の固形燃料などになる作物を栽培。「十分安全側の結果が得られた」として、今年4月に除染土を全国で再利用できるよう省令改正をする予定だった。

 しかし、地元から「食用作物も育てたい」との声があり、改正を先送りすることを決めた。食用作物は人が口にするため、安全性を改めて調べる必要があり、「実証事業」の中で新たに野菜を育てることにした。

 除染土の再利用については「汚染の拡大になる」といった意見も強い。省令改正案のパブリックコメントには3千通近い意見が寄せられ、多くは反対だった。中村隆市さんFBより

https://bit.ly/2WvO9gA  ☚===朝日デジタル(有料)

国連の勧告「年間1ミリシーベルト以上の被ばくは許されない 」を無視する日本政府 原発事故から9年、福島で増えている病気  放射能から子供を守る企業と市民のネットワーク   ☚====click

 

着情報 2020.5.6 

5/5 FoE 第3回ALPS処理汚染水のパブコメ・セミナー報告

 今日の資料を以下にアップしましたので、ご覧ください。

 https://www.foejapan.org/energy/fukushima/pdf/200505_mitsuta.pdf

 今日冒頭でご紹介したパブコメを呼びかける短い映像は、FoEのフェイスブックからみることができます。

https://www.facebook.com/FoEJapan/videos/261499301652630/?__xts__[0]=68.ARBLBUsVFDSrzXmWKUK-95GJkxRwuXwFd7P2cjhIfr-3MbHegvq3rGKHJeiQRSmQhhlWqt12Ja8C31_fa2tCFlmVTgAWKzjGSpH2O4vTN93QvzUZp8fP5ash8Jl2RTWxGqifZccQncp6XbkVvt-FzV1-zfmGFsUSTwO0ZCnZuGtnVq8_zDVi9m209CYNAzM4N4hwxw6_TN6L0kTM2rg0h3gvN8leprsQRsyx1hsy-GWk7xX96gLMZs1a9rTx0ztdo0XXEhW73jtBX-j_xJGhaKqPLqWTv_uJyJTKKgNgdoADOIGXr2dKvuHAFNRIOM72Fpn0Cfg31VXjbsd47ClzyYZNtgCe3t974UEvvQ&__tn__=-R

(フェイスブックをされている方は、よろしければ、「いいね!」や「シェア」をお願いします。)

パブコメの提出の仕方については以下をご覧ください。

(パブコメは何回でも提出することが可能です。)

 https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200407.html#method

 

トリチウムの影響について、さらに知りたいという方は、51218:00~、イアン・フェアリー博士を迎えたオンライン国際セミナーを開催しますので、ご参加ください。やや専門的な内容になるかもしれません。(逐次通訳付き) https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200512.html 

 

満田夏花(みつた・かんな)

 携帯:090-6142-1807

 国際環境NGO FoE Japan

 173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9

 TEL: 03-6909-5983  / FAX: 03-6909-5986

着情報 2020.5.4 

5/3 FoE 第4回ALPS処理汚染水のパブコメ・セミナー報告

 今日の伴さんの資料を以下にアップしましたので、ご覧ください。

https://www.foejapan.org/energy/fukushima/pdf/200503_ban.pdf 

また、今日の前半の伴さんのお話のところまでの映像をフェイスブックにアップしています。

以下からご覧いただけます。

                                                                      https://www.facebook.com/FoEJapan/videos/164223808304116/

 パブコメ・セミナー第5回は5514:00からとなります。

 ALPS処理汚染水の論点について、網羅的にご紹介します。

 (基本的にいままでお話していることと同じ内容となります。)

 ご参加の方は、前日17:00までに以下からお申込みください。

 https://pro.form-mailer.jp/fms/27c1d91b193245

 前日の18:00までに、オンラインでの会議システムzoomの使い方と参加可能なリンクをお送りします。

◉原発事故被害地域 福島県で
「福島県内首長「慎重議論を」 第1原発・処理水処分アンケート」福島民友新聞3/22(日) 8:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl…
図: 処理水の処分方法に関する首長の回答状況

船津康幸さんFBより

着情報 2020.2.29

◉原発事故被害地域 福島県で
※汚染水に関するアンケート調査
「処理水、海洋放出「反対」57% 「賛成」は31% 福島県民世論調査」朝日新聞有料記事 2020年2月28日 5時00分
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14382589.html…
図版:処理水を薄めて海に流すことに…/海洋放出で風評被害が起きる不安を… ...   船津康幸さんFBより

着情報 2020.2.4

舘村農民見習い伊藤延由さんが吉田千亜をリツイートしました

国は余りにも多い除染土壌に驚き急遽8,000㏃/kgは再利用する事にしました。これでは最終処分場用地の確保も困難だと。これは薄くばら撒いて皆で被ばくする環境を国が作ると言う事、最終処分場化です。では原発構内や核研究施設の汚染物の管理は現在で100㏃/kgです。何故100㏃/kgなのか?答えなさい。

飯舘村農民見習い伊藤延由さんツイート

着情報 2020.1.22 富塚さん情報

着情報 2020.1.22

む、未使用燃料3体、使用済み燃料4体の計7体を充填して不具合と。 初の使用済み燃料4体は無事に充填したけれど、あと510体残ってるんだよね 3号機の燃料交換機は不具合がめちゃくちゃ多くて 今の福島第一のヒューマンエラー増産の走りだったから気になる

おしどり♀マコリーヌさんTwitter

 着情報 2019.12.20

こちらも裁判始まる。
南相馬。

OurPlanet-TV『「20ミリは高すぎる」〜南相馬・避難基準裁判始まる』北川高嗣さんFBより

南相馬では、白血病や甲状腺、かなり出ているんです。  

動画はこちら☚click

着情報 2019.12.20
冗談だろ。双葉町、大熊町(爆心地)避難解除。
オリンピック開催に向け。...
「 双葉の全町避難、一部を来春解除 帰還困難区域、初 東京電力福島第一原発事故で唯一、全町避難が続く福島県双葉町で、国の避難指示が来年3月上旬に一部解除されることが、地元関係者への取材でわかった。放射線量が比較的高く、立ち入りが厳しく制限されている「帰還困難区域」としても初の解除となる。
 解除されるのは、来年3月14日に全線再開予定のJR常磐線の双葉駅や駅前、町の北東部にある浜野、両竹(もろたけ)の2地区(計約200ヘクタール)で、町の面積の約4%にあたる。
 帰還困難区域内にある双葉駅や駅前は、除染やインフラ整備を進める「特定復興再生拠点区域」に指定されている。避難指示解除準備区域の2地区とともに国が除染を進め、町は放射線量が低減していることを確認。住民説明会などが終わったことを受け、国や県と協議し、今月26日に解除日程を決める。
 2地区では工業団地や農地の整備を進めており、解除によって産業の再開を後押しする。だが、住民の帰還については、水道などの生活インフラが整っていないため、2022年春の居住再開をめざしている。
 また、常磐線の全線再開にあわせ、帰還困難区域にある大野駅(大熊町)と夜ノ森駅(富岡町)や周辺などに出されている避難指示も、3月上旬に解除される見通しだ。 」(朝日新聞)
封鎖地区(帰宅困難地域)は、結局平野復興大臣(50mSv/年)の解任直前の決定以来、ただの一度も進んでいない。
この異常性は、山口敬之並みである。
(伊藤詩織容疑者と書いていただきたい。(記者会見でそういった)私が被害者、だから10倍以上(1億4千万円)の賠償金慰謝料を請求している。)
帰還しない住民に罰則を科すことも吝かでないのだろう。北川高嗣さんFBより

 

着情報 2019.12.13

国連「年間1ミリシーベルト」にすべきだ

Hok Net

 

奥間正則さんFBより

着情報 2019.12.10
絶対に分からせたくないこと。
シーベルトとベクレルの換算。
環境省も、東京電力も、放医研も、...
この説明を使っています。
1ミリシーベルトが、何ベクレルに相当するのか、
わかりますか?
*1ミリシーベルトは、下記の係数1.3x10^-5の逆数であるため、
約77000ベクレル(/Kg)である。(76923ベクレル)
一日100ベクレルで、365日で、3万6500ベクレル。
概ね半分で、年間1ミリシーベルトに納まるというわけだ
これに従えば、基準値倍以上越えのキノコ、220ベクレル/Kgの山菜、きのこ、350Kg食って良い(食べ放題)ということになります。(これくらい野放図なセンスでの安全、をアヴェシは口走っている。郡山市長などは、基準値超えの山菜、売ってはいかんが食って良い、と市の広報で言ってます。)
まあ、死にます。(食べ過ぎで。www)チェルノブイリの経験(健康障害者(主に心筋異常)の死亡者の病理診断、臓器検査であり、現物ナマモノの検査実績なのでこれ以上の結果は出てこない。発症までに15年、脂肪の場合20年以上かかります。)によれば、臓器のセシウム蓄積が、20ベクレル/Kgを超えると異常が始まる(特に子供)ことが知られています。(心筋の異常など)内部被曝(継続的に毎日、蓄積、濃縮、臓器偏在)と外部被曝(医療被曝など)とは、途方も無い格差があります。(体内蓄積が140倍、臓器偏在が数倍異常(臓器核種によって違うが7−10倍程度。両方で日々の摂取量の1000倍程度見る必要があります。ただし、毎日、摂取した場合。))
Re-Shared Comment: >*2
セシウム137の換算係数が、1.3x10^-5であることが書かれている。
※2:実効線量係数(mSv/Bq):放射能の単位であるベクレルから生体影響の単位であるm Sv(ミリシーベルト)に換算する係数。核種(放射性物質の種類)、化学形、摂取経 路別に国際放射線防護委員会(ICRP)などで示されています。上の例では、原子力 安全委員会の指針(発電用軽水型原子炉施設周辺の線量目標値に対する評価指針)で 示された数値(経口摂取・成人)を用いています。なお、この数値は放射性セシウム 134 では 1.9×10-5、放射性セシウム 137 では 1.3×10-5となります。
【写真】
こういう、わかりにくい工夫を、しっかりと凝らしています。
これは、環境省のもの。
べき乗の−5ところに、フットノートの*2をつけるなんて、
最高の工夫だな。(数学者でも読みきれないよ)  北川高嗣さんFBより 

着情報 2019.11.17

モミジの測定結果!。 なんと434.1bq/Kgでした。葉っぱ一枚0.19gでしたから一枚当たり0.08bq、6月の生は0.026bqでしたから水分が抜けて濃縮?。 いずれにしても葉っぱにはセシウムが入っている。

 

飯舘村農民見習い伊藤延由さんTwitter

 

 着情報 2019.11.16  

★ 乳歯保存ネットワーク(岐阜)さんから:

 東京オリンピック 酷暑だけでなく放射線量の調査実施を

 フランスのコリン・コバヤシさんからのお知らせを送ります。

 IOCのトーマス・バッハ会長に公開書簡を出しました。

 フランスのネット情報誌Mediapart https://tinyurl.com/yhlcfjej

 2019.11.14、掲載されました。

 今後私たちは、2月後半に、ローザンヌのIOC本部前で、集会を予定しています。

和訳(訳:コリン・コバヤシ)を以下に、掲載します。

https://tinyurl.com/yja3sjmg

着情報 2019.11.15

東電福島事故のとても大きな問題が、伊達市民の手により暴かれました。

原子力ムラが言う「放射能被害は低かった」

の根拠が「捏造されたデータに基づいて作成されていたのです」

*「私は科学者として許せない」
この論文検証をしてきた黒川眞一KEK名誉教授は、なぜそう思うのか、その根拠をいつも勉強会の最初に話されます。
だから説得力があり信用できるのだと思います。

しかし、この論文での大きな問題の一つに "根拠が示されていない"ことが随所に出てきます。
とても優秀な東大名誉教授の共著で書かれた論文であるのにもかかわらず何故?

このような論文が書かれたのでしょうか。
最初は黒川氏と伊達市民だけの検証だったのが、今では複数の科学者、伊達市民以外の人たちまでもが論文検証をしていることには理由があります。

それはこの論文が私たちの生活に及ぼす影響(重要度)が大変大きいと知ったからです。

黒川氏は正式ルートで論文が発表されたイギリスの科学誌に批判レター(論文)を出されました。

それが行われたのか、昨年の11月でした。

それに対して応答がなされないまま1年が過ぎようとしています。

そして、その代わりにされたことは、2019年1月8日早野龍五氏が文科省記者クラブの掲示板へただ貼り付けた「伊達市民の外部被ばく線量についての見解」、そしてそれを自らのTwitterにツイートされました。内容は「計算ミス」を認めたうえでの伊達市民への陳謝謝でした。
しかし、そこでもちゃんとした"根拠"が示されていませんでした。
この貼り紙は、"陳謝"先のネットなど見てない伊達市民が目にすることは無かったでしょう。

そして、その半年後には、間違いを認めた内容をまた"根拠も示さず"取り消したのです。

"根拠を示さない"という行為はあとから有耶無耶にできてしまいます。
信頼、信用とはすぐにできるものでは無いと思います。
ましてや"科学"という分野でこの信用、信頼をなくしてしまうことは一般人にとっても不幸ですし、科学への冒涜になると考えます。詳しくはこちらをお読みください。 

黒川名誉教授緊急寄稿。疑惑の被ばく線量論文著者、早野氏による「見解」の嘘と作為を正す

  HARBOR BUSINESS  

      玉井昭彦さんFBより

 

着情報 2019.11.13

汚染牧草、「処理」始まる。
  農地に「すき込み」ます。
  食べて応援にも、一層の気合が入ります。

北川高嗣さんFBより

着情報 2019.11.9

【子ども脱被ばく裁判】吸い込むな危険!法廷で2人の専門家が強調した「不溶性放射性微粒子」による内部被曝のリスク。水害被災地で再浮遊する可能性も指摘

 

民の声の新聞

着情報 2019.11.1

環境省は除染で集めた「汚染土」を農地造成に再利用する方針を決定、絶句。

シャンティ・フーラ

Shinichi HaradaさんFBより

 

着情報 2019.11.4

昨日(3日)の被ばく量:6.0μ Sv。 昨日は終日村内、帰還困難区域の長泥地区で約2.5時間、約2時間は屋外(0.8〜2.0μ Sv/h)でその他は避難指示解除地域の屋内車内で過ごしました。

政治の不作為!。 昨日(3日)飯舘村で唯一帰還困難区域に指定されている長泥地区に入りました。ここでは除染土壌の再利用実証実験が進められています。私は長泥地区最終処分場計画と思っている。ここでは巨費を投じ家屋解体、農地等の除染が行われている。帰還困難区域の避難指示解除目指して。

政治の不作為!。 帰還困難区域の避難指示解除目指して巨費を投じ農地の除染が行われている、しかし農地宅地以外の大半を占める山林は手付かず。空間線量率1.5〜5.0μ Sv/h(1m)この地に戻って営農再開するか?。ここで行われているのは巨額の利権発生事業でしか無い。 正に絵に描いた様な税金の無駄使い  飯舘村農民見習い伊藤延由さんTwitter(3回分)

 

着情報 2019.10.31

国連の勧告「年間1ミリシーベルト以上の被ばくとは許されない」を無視する日本政府 原発事故から8年半福島で増えている病気

HOK NET

広岡逸樹さんFBより

着情報 2019.10.25

農民見習い伊藤延由さんがロシナンテ社 しかたさとしを

リツイートしました。

 

 是非手に取ってお読み下さい!。

飯舘村農民見習い伊藤延由さんツイート

着情報 2019.10.25

んなわけないやろ
進次郎さん、
あなたは国会議員も
もちろん環境大臣も
★・ア・ウ・ト・や★  岩崎美枝子さんFBより

 

台風19号によって、福島県田村市で保管されていた除染廃棄物が入ったフレコンバッグが流出したことについて、小泉環境大臣は参…

 

着情報 2019.10.20

気にすんなよ。

流出率、0.00025%.
全部で、2200万袋あるんだぜ。
そのうちどれだけが水没したことやら・・・

 

北川高嗣さんFBより 

着情報 2019.10.20
流出、 浸水と大差ないと思ったが、
ここまでスッカラカンになるとは!
もちろん「問題はない」そうだ。...
なら、最初から詰めなきゃいいのに・・・
*スッカラカン
この袋だけでは?
違います。5割以上が、スッカラカン。
「同日までに19袋を発見してうち17袋を回収、
 その中の10袋は内容物がなかった」
それくらいのものなんですね、
フレコンバッグ。
【写真】フレコンバッグ、回収成功!!
うーん、回収したいのは「中身」ではないのか???
大阪へ持っていく手間が省けました。北川高嗣さんFBより

着情報 2019.10.15

原発事故の除染ゴミ、川に流出 置き場が大雨で浸水 福島・田村 “現場には2667個が保管されており、市はすでに6個を回収したが、他にも流出したものがあるとみて、市が確認を進めている。” これでどうやって命を守れってんだ誰のせいかって、国のせいに決まってる 

tokkoujiさんツイート

着情報 2019.10.13

「全世界の人類に健康被害をもたらす」西尾正道氏がトリチウム海洋放出の危険性を警告!~「『茶葉』はEUの600倍」木村―黒田純子氏がネオニコチノイド系農薬の国内規制の緩さを指摘19.1.23   広岡逸樹さんFBより

着情報 2019.10.9

現実が見えてないのは日本だけ。

このまま狂ったゴジラ(東電)に、

小便垂れ流し続けさせていいのか?
福島沖でセシウム600bq/kg超えのプランクトンが確認されてるのに、... 魚はなんともない訳ないだろう。

「命よりカネ」の狂人どもに、いつまで権力握らせるんだ?

もうじき袋叩きにされるぞ。

梅津俊也さんFBより

【風刺画】海外の風刺画に見る日本の汚染水問題

着情報 2019.10.7 

超汚染水 海へ流すな! 官邸前抗議10/4

汚染水=トリチウム 

     ストロンチウム90 

     ヨウ素129(半減期1570万年)

     他60の核種

冷却された使用済み燃料中のヨウ素の6分の5はヨウ素129
文部科学省がヨウ素129の分布状況を調査している理由