【大拡散希望】
孫崎享氏の記事の転載:

分かりやすい。極めて重要です。
。。。。。。。。。。「...
孫崎享のつぶやき
多くの日本人は見たくない記事であろうが。「世界で賞賛される韓国コロナ対策の凄み、行動制限課さず増加曲線を抑制」NYT→東洋経済、教訓1:介入は早く、危機的状況になる前に、教訓2:検査は早く、頻繁に、安全に。検査30万回以上。当局検査キット開発要請。

A-1 事実関係「世界で賞賛される「韓国」コロナ対策の凄み、行動制限を課すことなく増加曲線を抑制 The New York Times,2020 3/27(東洋経済掲載)

数字をどう見ても、1つの国が際立っている――韓国だ。 2月下旬と3月上旬、同国における新型コロナウイルスの感染者数は数十から数百人、数千人へと爆発的に増加。2月29日の1日で909人の症例を特定、人口5000万人の同国は打ちのめされる寸前。しかし1週間弱経つと、新たな症例数は半減。4日以内で、再び半減――てその次の日も再び半減。

封鎖政策も行われていない

韓国は22日、ほぼ1カ月の間で最少、わずか64人の新規感染者。他国では感染者数が1日ごとに数千人単位で増加し、医療システムや経済が壊滅的状況に追い込まれている中で、である。イタリアでは毎日数百人の死亡者。韓国は1日当たり8人を超えたことはない。

韓国は大規模なアウトブレイクが発生しながら、新規感染者数の増加曲線を抑えることができたわずか2国のうち、中国ではないほうの国。そして韓国は中国のように言論や行動に厳しい制限を課すことなく、また欧米のように経済に打撃を与える封鎖政策を行わずに、それを成就。

韓国の文在寅大統領の周辺によると、マクロン仏大統領とスウェーデンのロベーン首相は、韓国の対策の詳細を聞くために文大統領に電話。

教訓1:介入は早く、危機的状況になる前に

1月下旬に同国初の感染症例の診断が下ってからわずか1週間後、当局は製薬会社数社の代表者と面会。当局は大量生産のためのコロナウイルス用検査キットの開発着手を促す。

2週間以内に何千もの検査キットが発送。同国は今では1日に10万キットを生産。人口250万人の都市テグで迅速に緊急措置施行。

韓国はまた、ヨーロッパやアメリカと異なり、2015年の中東呼吸器症候群(MERS)のアウトブレイクにより国内で38人の死亡者を出した経験を持つため、コロナウイルスを国家非常事態として扱う準備ができていた。

コロナウイルスは5日間の潜伏期間があると考えられており、多くの場合その後風邪と間違われるような軽度の症状が出現するが、その際にウイルスが非常に伝染しやすくなる。

教訓2:検査は早く、頻繁に、安全に

韓国はほかのどの国よりもはるかに多くの人を検査。そのため、多くの人を感染後すぐに隔離・治療することが可能。 同国では30万回以上の検査、1人当たりの検査率はアメリカの40倍。

検査センターを600カ所開設。医療従事者の安全を確保するために接触を最小限に。

50カ所のドライブスルー検査施設では、患者は車に乗ったままで検査。患者は質問票を渡され、遠隔体温スキャンと喉の検体採取。このプロセスは10分程度かかる。検査結果は通常数時間。ウォークイン型施設では、患者は透明な電話ボックスのような個室に入る。医療従事者は個室の壁に組み込まれた分厚いゴム手袋を使って喉の検体採取用の綿棒を手渡す。

教訓3:接触者追跡、隔離および監視

陽性反応を示す患者が出ると、医療従事者は患者の直近の動きを追跡して接触した可能性のある人を特定し、検査し、必要があれば隔離。これにより医療従事者は伝染の可能性のあるネットワークを早期に特定。社会からウイルスをほり出す。

保健関係の係員はセキュリティーカメラの映像やクレジットカードの記録、車や携帯電話のナビのデータまでも使用して患者の動きをたどる。

教訓4:公衆の助けを募る

医療従事者の数も足りず、全員を追跡できるだけの体温スキャナーもないため、市井の人々が協力しなくてはならない。

世論調査では大多数が政府の取り組みに賛同を示しており、人々は自信があり、パニックは少なく、買いだめもほとんど起こっていない。

当局はまた、同国の健康保険システムの功績を指摘する。ほとんどの治療を保証し、コロナウイルス関連のコストをカバーする特別なルールがあるため、無症状の人も検査を受ける意欲が高められる。

韓国モデル応用の3つのハードル

1つは政治的意志だ。危機的水準のアウトブレイクなくして、厄介な対策を講じることをためらった政府は多い。

もう1つは公衆の意志である。韓国では多くのほかの国に比べて社会的信頼が高い。とくに分極化とポピュリズムによるしっぺ返しに悩まされる西洋民主主義国に比べれば。

しかし、最大の課題となるのは時間だ。すでにエピデミックが進行した国が韓国と同じように早くまたは効率的にアウトブレイクを制御するにはもう「遅すぎる」かもしれない、と。

中国は、ほとんどのヨーロッパの国よりも大きい湖北省における初の破壊的なアウトブレイクを駆逐した。ただし、その経済を閉鎖するというコストが伴った。

ゴットリーブ元FDA長官はツイッターで「われわれは韓国のような結果が得られるチャンスはおそらく逃してしまっている」と書いたが、韓国の手法はアメリカでも役立つかもしれない。「イタリアで生じているような悲劇的な苦しみを回避するためのことはすべてやらなければならない」。」
転載終わり。
。。。。。。。。。。。。
升永