ヒロシマ・長崎 平和への誓い・8月15日不戦の誓い

 2017.11.19 新着情報   (青柳信行さんメルマガより)

★ 小松梨津子 さんから:  世論時報11月号です 

 青柳さん、世論時報11月号には、「憎まないで正そう!ヒバクシャの心を土台に世界が導かれている」でヒバクシャの和田征子さんを、私は、取材↓しました。http://tinyurl.com/yc8aro9d

  和田さんには、取材直後の校正中に、ローマ法王が開く「核兵器のない世界と統合的軍縮への展 

望」(10~11日)に被団協が招待を受け、被団協は,ただ一人の代表者に和田さんを選びました。300人くらいの、ノーベル賞受賞者達や、パグウォッシュ会議の方々など、世界平和に貢献した方々ばかりの中で、英語で和田さんは、講演をし、皆さんが涙を流して聞かれ、終わると、全員のスタンディングオーベーションが起こりましたと仰いました。赤旗のサイトには、詳しくあります。世論時報と共に、ごらんくださいませ。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-14/2017111403_01_1.html

新着情報 2017.8.30  

米国でも旺盛に被爆体験を語り、核兵器廃絶を訴えた谷口稜曄さん。 16歳の時、爆心地から1.8キロの路上で被爆。背中が真っ赤に焼けただれ、俯せになった写真と、谷口さんの力強い言葉は原爆投下国の人々の心を揺さぶりました。享年88歳。

合掌  森田隆二さんTwitter ←ーーこちら

朝日新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.8.6

中曽根康弘元首相、

アジアとの戦争は「侵略だった」

HUFFPOST  ←ーーこちら

新着情報 2017.8.7

仲代達矢さんの戦争体験
「空襲警報が鳴って焼夷弾が降ってきた。小学生でもないような女の子が一人で逃げていたので、その子の手を握って逃げ回っていたら急に手が軽くなった。焼夷弾が彼女に直撃してその腕だけ持っていた。恐怖でその手を捨てて逃げた。捨てたことが未だ後悔している」

a rhotographer's Blog   ←ーーこちら

 

←この写真は戦犯の碑       

「翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない沖縄県民大会」に呼応する8/12首都圏行動@池袋。集合・解散場所の東池袋中央公園は、巣鴨プリズンの跡地で、戦犯の処刑台跡という場所に石碑があります。木陰が多く、キツイ日差しを避けられて良かった。pic.twitter.com/XDv3Iu8Duq


新着情報 2017.8.13

「戦争の危機、何があっても対話で問題解決を!」~2017ヤスクニキャンドル行動

 

レイバーネット日本 ←ーーこちら

新着情報 2017.8.15

市原悦子が語り続ける戦争体験と安倍政権への怒り

「『国民の命と財産を守る』と言っても空々しい」 

戦争を失くすこと、世界の問題と関わることが、

女優の仕事だと市原悦子は語った 。

KKさんより

                                   LETERAX ←ーーこちら

新着情報 2017.8.15 (青柳信行さんメルマガより)

8/13日、NHKドキュメンタリー -

NHKスペシャル「731部隊の真実~エリー ト医学者と人体実験~」 が放送されました。

再放送は、2017817() 100(50)です。お見逃しなく。(田中一郎さん) 

(録画)NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 

2017813日 170813 - YouTube 

 https://www.youtube.com/watch?v=Qfy5TMbueSM

 

新着情報 2017.8.15

 

「自由な俳句は、平和な時代だからこそ」

古老・金子兜太が語る。

 

           ヤフーニュース ←ーーこちら

新着情報 2017.8.15

「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」20170814    動画 ←ーーこちら

NHKスペシャル 樺太地上戦  終戦後7日間の悲劇
初回放送 2017年8月14日(月)  午後8時00分~8時43分
北海道の北に広がる大地、サハリン。かつて「樺太」と呼ばれ、40万人の日本人が暮らしていた。

この樺太で終戦後も7日間にわたって戦闘が続き、住民を巻き込んだ地上戦が行われていたことは、

これまでほとんど知られて来なかった。犠牲者は5千人とも6千人とも言われ、

その人数は今なお正確にわかっていない。
最前線に立たされた少年兵、地獄の逃避行で命を落とした幼い子供や母親、

ロシア兵の上陸におびえる女性たちや家族の集団自決も起きた。

重い沈黙を破って語り始めた高齢の元住民たちの証言と国内外の発掘資料から、

知られざる樺太地上戦、7日間の悲劇の全貌に迫る。

新着情報 2017.8.15

 戦時下の東京美術学校(現東京芸術大)で学んだ洋画家、野見山暁治さん(96)は、旧満州(現中国東北部)へ出征した。卒業と同時に戦地に送られると国に決められた学生生活は「あと1年、半年、3カ月--と、死刑執行の猶予期間が刻まれていくようだった」。15日で戦後72年。「あの時の戦争への流れに、なんとなく似たものを感じる」と危機感を募らせている。 

▽洋画家・野見山氏:あの時代と似た空気 嫌な流れ止めねば(有料会員限定)

https://l.mainichi.jp/HH52qgU ☚ 毎日新聞

新着情報 2017.8.15   

太平洋戦争など、246万余の戦死者をまつる靖国神社。自衛隊の活動範囲が広がり、隊員の「戦死」が現実味を帯びてきました。隊員の靖国合祀(ごうし)を心配する声もあがっています。

http://news.asahi.com/c/akj4eba6a5jjkJad  ☜ 朝日新聞

 

新着情報 2017.8.12

高校生集めた核兵器廃絶求める署名が過去最多 国連に提出へ

NHK NEWS WEB  ←ーーこちら

 

tokkoujiさんTwitterより)

新着情報 2017.8.12

痛みを「自分ごと」に 

「原爆の図」と人つなぐ

[平和どう伝えるか 広島・長崎から]6

琉球新報 ←ーーこちら

新着情報 2017.8.10

<長崎原爆の日>「あなたはどこの国の総理ですか」    毎日新聞 ←ーーこちら

新着情報 2017.8.11

悲願の「核兵器禁止条約」採択に喜びと日本政府の対応に怒りを!原爆投下から72年目の広島。『被爆72周年原水爆禁止世界大会』8/6ヒロシマ平和への集い2017「グラウンド・ゼロ(爆心地)のつどい」の参加報告。たんぽぽ舎も参加。

新着情報 2017.8.10

1971年の原爆忌。佐藤首相。

8.6ヒロシマ平和の夕べのスタッフの山下氏が発掘して送ってくれました。

初めて見ました。こんな動画があったなんて。本当にびっくりして、また感激しました。
45年前、時の総理が初めて広島の祈念式典にやってきました。

私はまだ学生。医学部の5年生。何の医者になるかを考えている頃でした。

同時に被爆二世たちと被爆者青年同盟を作って活動していました。
河野美代子のいろいろダイヤリー  ←ーーこちら   (manabu watanabeさんFBより)

 

新着情報 2017.8.9 

長崎原爆の日 核禁止 「批准を」 市長、政府に迫る  毎日新聞  ←ーーこちら

高校生平和大使 長崎爆心地公園で「人間の鎖」     毎日新聞  ←ーーこちら

社説「禁止条約後の原爆忌」核廃絶のリード役たれ  沖縄タイムスプラス ←ーーこちら

 

新着情報 2017.8.8

一昨日、「8・6ヒロシマ平和の夕べ」に参加した。

メインの講演・永田浩三さんの「ヒロシマの継承と連帯を考える -ヒロシマを伝える-」、

病身をおしての被爆者・小野瑛子さんの「全滅した321人、廣島二中の1年生」、

岡山に避難しながら福島支援を続ける大塚愛さんの「福島から避難して」、

そして歌手の川口真由美さんと沖縄のヤスさんの歌と踊り。

4つがそれぞれ内容豊かで素晴らしいものだった。気を抜くことができなかった。

                       松原康彦さんFBより ←ーーこちら

新着情報 2017.8.8
千葉 道代さんがAlexander Van der Bellenさんの写真をシェアしました。
オーストリアの大統領がこんな記事を書いたそうです。
遠いヨーロッパの人々が、日本の広島、長崎の悲惨さに言及して、核兵器反対を表してくれるのはありがたいことですね。 72年も前のことで、日本人の中にも実際の体験者は少なくなってきました。
だからこそ風化させずに、核兵器廃絶を目指していきたいものです。
Dieses Bild ist zu einem Symbol für das unfassbare Leid abertausender Menschen geworden. Am 6. August 1945 wurde eine Atombombe über der japanischen Stadt Hiros...hima abgeworfen. Wenige Tage später eine zweite über Nagasaki. Das Leid von gestern erinnert auch an das Leid von heute und an die Notwendigkeit von Solidarität für jene, denen geholfen werden muss. Es liegt in unserer Verantwortung. Jetzt. Setzen wir unsere demokratischen Freiheiten ein, um für eine Welt einzutreten ohne Atomwaffen, ohne Atomkraftwerke, ohne Kriege. (vdb)

このイメージは, 人々の信じられない苦痛の象徴になりました. 1945年8月6日, 日本の広島に原爆が投下された. 数日後, 長崎で2回目. 昨日の苦しみも, 今日の苦しみと, 助けを必要とする人のための団結の必要性を思い出す. 私たちの責任よ 今だ 核兵器のない世界への自由の自由を, 戦争がなければ, 核兵器のない世界に自由の自由を置く. (vdb)

新着情報 2017.8.8

人は、核で死んではならない。 広島テレビ

広島に原爆が落ちた8月6日。

ニューヨークタイムズに、広島テレビの広告が掲載された。先輩の仕事。

言葉の一つひとつが届くし、英訳のコピーもとても響く。

世界中の人と思いをひとつにできたなら。

これこそが広告だなと、改めて思う。

阿部広高太朗さんTwitter ←ーーこちら

新着情報 2017.8.7

被爆者「満腔の怒りで抗議」 

核禁止条約に首相触れず   朝日新聞 ←ーーこちら

 

国連事務総長

「被爆者の努力が核兵器廃絶運動に貢献」  

朝日新聞デジタル  ←ーーこちら

☟の写真は 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」FBより ←ーーこちら