着情報 2020.4.11

4月末からの増産。長丁場。

永田浩三さんFBより

アルコール消毒液を20倍に増産 花王「ようやく態勢整った」

https://www.sankei.com/econo…/…/200409/ecn2004090011-n1.html

着情報 2020.4.10

毎日新聞 @mainichi
·
群馬大学発のベンチャー企業と銅箔糸メーカーの「明清産業」が、付着したウイルスの不活性を早める銅繊維シートを開発しました。シートには、半永久的な殺菌効果があり、人体には無害だといいます。

2020年4月9日 10時25分

ささきしょうぞうさんFBより

着情報 2020.4.10 「なの花の会」メルマガより

仲間の皆様コロナウイルスの感染者(発表分)推移です。東京が3月24日より急増している。

オリンピックのために数を抑えていたのは明らか。

小池と安倍の責任は大。許せません。

IOCとのかいだんのとき、JOC会長の山下氏は中に入れてももらえず、抗議もしなかった。

これを見てもオリンピックはアスリートは関係ない政治ショーであることは明らか。早川芳夫 

「1世帯あたり30万円の現金給付」は殆どの人が給付対象にならない完全な詐欺.do
Microsoft Word 58.2 KB
コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬.docx
Microsoft Word 29.6 KB

着情報 2020.4.9

◆森林破壊とパンデミック
(2020年4月1日 Rainforest-alliance)より抜粋
森林破壊は野生生物種を置き去りにし、野生生物種をお互いに、そして人間に近づけます。科学者たちは、これにより新しい感染症への人間の曝露が増加し、致命的なコロナウイルスであるCOVID-19のようなパンデミックに対してより脆弱になることを長年警告してきました。国連環境責任者のインガーアンダーセン氏は先週、次のように述べています。「惑星の世話をしないと、自分の世話をしないことになります。」

COVID-19は、自然と私たちの社会に人間のシステムがもたらす破壊に国際的な注意を向けてきました。また、これらのシステムを再考し、より持続可能な未来を共に形成する前例のない機会も提供しました。

...

30年以上の経験を通じて、私たちは森林破壊に対する成功したソリューションをテストし、証明してきました。コミュニティ中心の森林保全と持続可能な農業は、健全な生態系と健全なコミュニティをサポートします。

現在の危機は、集合的な目標のために協力することによって何が達成できるかを示しています。人と自然のバランスを取り戻すために必要な勢いを維持するのは私たち次第です。

ここでは、森林破壊とコロナウイルスなどの動物から人への感染症(動物増殖症)との関係についてのいくつかの事実を示します。中村隆市さんFBより   原文はこちら☚==click

 

着情報 2020.4.9

キッチンペーパー二枚ずらし

広岡逸樹さんFBより

 

手作りマスクの決定版!「香港マスク」が素晴らしすぎるので、世界中に伝えたい【作り方も掲載】

ここをclick ☚===click

重要:冒頭掲示・その3(4/10迄)

(新着情報 2020.4.3)

山中伸弥による“新型コロナウイルス情報”発信。

https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

着情報 2020.4.8

東京大の児玉龍彦先生、金子勝氏が解説する
デモクラシータイムスの

「新型コロナ 重大局面 東京はニューヨークになるか」
が視聴できます。1時間10分弱です。
日本で、PCR検査をしないことの不作為について、

分かりやすく解説。
<https://www.youtube.com/watch?v=r-3QyWfSsCQ>

着情報 2020.4.8

お友達に税金を横流し。「安倍総理がアパホテルの経営陣に電話して、お願いしますと直談判」

非一般ニュースは2回もアカウント凍結さんツイート

 

LITERA  ☚====click

着情報 2020.4.8

[TBS NEWS]20200407 新型コロナ対策:初のテックチーム発足
政府はスマートフォン位置情報などのデータを活用し、
クラスター推定、外出自粛効果などを検討する組織を立上げた。
関係閣僚、Google、NTTdocomo等のIT通信大手の担当者が参加した。
シンガポールでは、スマホアプリで感染者の2m以内にいた人の特定に成果を上げた。山田武さんFBより

 

着情報 2020.4.7

 

賢明な政府❣️
ドイツで暮らしたい。Shinichi HaradaさんFBより

 

申請2日後に60万円も フリーや芸術家支援 ドイツ

朝日デジタル  ☚===click

 

 

着情報 2020.4.6

この国に生まれた不幸!
まあ、ドイツが生き残れば、
それでよし。共同通信 ☚click

広岡逸樹さんFBより

 

着情報 2020.4.6

【原発事故と保養】春休みの「保養」をコロナ禍が直撃、感染防止で中止相次ぐ。「放射線に加えてウイルスか…」。わが子守りたい親のケア求める声も

 

民の声の新聞6

着情報 2020.4.5

台湾のすばらしさ。 蔡英文総裁は 全権を彼に与え コロナに関しては 全て従うと言った。彼は民主主義の方法でコロナを押さえ込みつつある。もう一つ嬉しいのは台湾の 教育 文化 産業 公衆衛生、鉄道インフラ等の基礎を作ったのは 後藤新平達で そこにひとつの理想の国を作ろうとした。 私は医師だが、台湾から派遣され日本の医学校で勉強して帰国、その後 医学校を作った方が多い、姉妹校がいくつもある。
 緊張感のある国は 素晴らしい、今度は日本が中華民国にに学ぶべき。

*「台湾のコロナ対策が迅速かつ実効性があるのは閣僚に素人がいないから」

… 派閥均衡や当選回数で無能でも大臣になれる日本とは違い、台湾の閣僚たちは実力本位で選ばれるプロ中のプロ揃い。

新型コロナ対策の中心人物の陳建仁副総統は、公衆衛生学の分野では世界トップの米ジョンズ・ホプキンズ大学公衆衛生大学院で博士号を取得した人物...であり、2SARS危機の際には行政院衛生署長として活躍。

この陳建仁副総統は大の親日家であり、日台関係を「日本は真に友人」と称し文化交流の中心人物。

◆ コロナ対策の中心人物は日本ゆかりの2人

また、歯科医の陳時中・福利部長(日本の「厚労大臣」)は、公衆衛生に通暁したエキスパートであり、中央伝染病指揮センターの現場監督として獅子奮迅の働きをした。

この陳時中部長の父は、民法学の泰斗である台湾大学の陳棋炎教授で、植民地時代に日本に留学、実子といえども公益に尽くす人物になるよう厳格な教育をしたという。笠原章さんFBより

 

 

着情報 2020.4.5

渡辺眞知子 さんから:(青柳さんメルマガ)

 ご参考:パンデミックを生きる指針ー歴史研究のアプローチ(藤原辰史氏)

 藤原辰史氏による緊急寄稿を紹介させて下さい。

 私は、自らを問われ、心が洗われる思いが致しました。

 「パンデミックを生きる指針ーー歴史研究のアプローチ」

 (岩波新書B面)

https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

 

着情報 2020.4.5

【速報】WHO「(最後の行)医療用マスク以外は、使い捨て紙マスクを一日に複数枚取り替え、一日中使用する布マスクは如何なる状況下でも使用しないで下さい。」#アベノマスク #布マスク2枚
https://who.int/docs/default-source/documents/advice-on-the-use-of-masks-2019-ncov.pdf

 

小早川智さんFBより

着情報 2020.4.5

現金給付は、一刻も早く届けることを考えたら、条件付きの限定給付でなく、一律給付を行い、高額所得者は後で税をかけるという方式が合理的だ。 そして何より、一回きりの現金給付で終わりにせず、「自粛にともなう損失の補償」を、コロナ収束まで継続的に行うことを強く求める!    志位和夫さんTwitter

着情報 2020.4.5
ローマの知り合いから下記のような内容のメールが届きました。ローマ市の行政側の対応についてとても参考になると思いますので、一部文章を加筆して紹介させていただきます。↓
 今インターホンが鳴ってポリスかと思ったら Protezione civile(市民保護)の大型ワゴン車が門から家まで入って来て山のような食料品や日用品と買い物券(100ユーロ3人家族とすると300ユーロ。)を置いて行きました。
 4月2日に届いた食料と必需品は、4月3日までの移動制限の解除予定が4月18日まで延期された分、もしくは それより1ヶ月以上も充分に間に合います。...
また、政府からの補助金月600ユーロ(1人)は国に申請して向こうから連絡があるとの事。

「何処かの国の一家にマスク2枚と大違いだよ!❤️❤️❤️❤️
イタリアの現状については日本での報道があまりに誇張した内容が多すぎるみたいですので、後ほど追加させていただきます。大河原有重さんFBより 

着情報 2020.4.4

【韓国の対応、素晴らしい!!😍😍😍
私も欲しいです。☺️

※どこかの国とは大違い…。(怒)

 

Kyoko TamazakiさんFBより

 

 

重要:冒頭掲示・・・その2(4/5まで)

(新着情報 2020.3.28)

“今、人類に本当に必要なこと”、

“真の意味での新型コロナウィルスに対する勝利”とは何か。

『サピエンス全史』でよく知られるユヴァル・ノア・ハラリ氏が

TIME誌に「人類はコロナウイルスといかに闘うべきか――

今こそグローバルな信頼と団結を」を寄稿。

河出書房新社のサイトに日本語訳を掲載。

ttp://web.kawade.co.jp/bungei/3455/ 👈 こちら

 

 

着情報 2020.4.4

Piece in Tokyo Shimbun argues that many people who recently died in Japan could have been infected with coronavirus and were not counted because so few are being tested. H/t Toshi Osaka.

による英語からの自動翻訳

東京新聞の作品は、最近日本で亡くなった多くの人々がコロナウイルスに感染した可能性があり、検査が非常に少ないため数え切れなかったと主張しています。H/t トシ大阪.

澤田愛子さんツイート